満洲国国務院および軍政部発行の国内外向けのカラフルなポスター、JTB等の発行した満洲旅行のパンフレット、満洲グラフ、果ては切手やレコードレーベルまで、およそ新興国家の心象イメージを高めるための媒体が蝟集され、A4フルカラーで迫力あるビジュアルを楽しめる。また、その背景にあるものの詳細な解説に唸らされる。

・新興国家だけあって派手なプロパガンダが必要だ(p3)。ポスター群は構図も色彩も旧ソビエト連邦のそれに似ていることが興味深い。
・神戸から下関、釜山を経由して客船で大連・旅順へ。そこから奉天、新京、哈爾浜へ鉄路の旅に出て、豊饒かつ歴史的な満州を観光してまわる。当時の旅客にとって実に魅力的な観光コースだったろう。JTBや満鉄の旅行パンフレットからそのことが窺える(p10~17)。
・建国十周年式典に招待された、兵庫県立明石中学校長(現・明石高校ね!)の宿泊した新京の「国都ホテル」の建物が現在も使用されているとは(p35)。見に行きたいな。
・指導者としての日本と、オリエンタリズムの対象としての満洲国(p124)。どの宣伝媒体にもこの帝国意識が通底していることがわかる。

どのビジュアルも明るく華やかだが、その背後にある現実、領土を収奪した支那、その背後にいる英米仏の姿と自らの先行きを直視するには、やはり厳しいものがあったのだろう。満洲の「真の姿」「王道楽土」「五族協和」ぶりを積極的に発信してゆくこと。それは大日本帝国にとっても、傀儡国家である満洲国を世界に示す重要な情報戦であった(p34)。これが現実だったんだな。

当時の日本臣民、満州臣民ならびに全世界に発信された「満洲国」のイメージを体感できた気がする。欲を言えば、当時の音源をCD化して付録にしてほしかった。

満洲帝国ビジュアル大全
辻田真佐憲(監修)、洋泉社・2017年3月発行
2018年12月15日読了
DSCN4160