紛争世界で積極的に平和維持に活躍する世界のPKO部隊。その歴史と部隊編成、現状と将来、アルバニア(1997年)、マケドニア(1998年)、コソボ(1999年)、ボスニア(1998~1999年)での活動実態、自衛隊初のカンボジアPKO派遣の評価、それに、人道的な国際救援活動の哲学(?)が語られます。
よくある「頭でっかちな学者先生」本とは違い、ルポを中心とした構成で、非常に読みやすいです。
国際連合(国連)、ダグ・ハマーショルド氏の理念と行動力、ブライアン・アークハート氏の情熱、自衛隊(防衛庁、情報本部、陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊)に興味と理解のある方は、ぜひ読むべきと思います。

世界のPKO部隊
著者:斎木伸生、大久保義信、他、アリアドネ出版、2000年6月発行
2002年11月13日読了