男ひとり旅の美学

[旅の恥は書き捨て]ってことで。あと、BMWと読書感想文も。

2016年04月

Dscn3696
(Bern市街にて)


2015年7月23日(木) Bernベルン、良いとこでした!

■チューリヒからベルンへは、日帰り旅行が可能です。

8時20分起床。帰国便をチェックインし、ベーグルサンド2個を頬張る。

ゆっくりしすぎた。軽く走ってチューリヒ中央駅へ。
10時32分Zurich発、11時28分Bern行きICに乗車。
1号車が4両、2号車が4両の編成か。

Dsc_1955

Dsc_1956


キオスクで買った水がぬるい。
1等車へ。昨日は北向きの車窓だったので、今日は南側にしよう。
車中で朝食を摂る乗客が多い。

車内販売ワゴンが来た。コーヒーを注文(4.4CHF)。新幹線と違って、インスタントか。

車窓を愉しむ。ずっと平地なんだな。
Dscn3628


11時30分頃、スイス連邦の首都、Bernの中央駅に到着。Zurichよりも巨大な駅だ。
Dscn3631


天気はなんとか晴れてくれた。メインストリートを東へ行く。

広い一本道だが、エリアによってシュピータル通り、マルクト通り、クラム通り、ゲレヒティクカイト通りと名前が変わるそうで、ここに主要な観光資源が集中している。

Dscn3634



牢獄塔、議事堂を抜けて時計塔へ。ここは気に入った。

Dscn3692

Dscn3689

Dscn3696_2


■Munster 大聖堂
スイスで最も高い尖塔を有するらしい。ファサードが気に入った。

Dscn3647

Dscn3652

Dsc_1984

Dscn3654



5CHFを払って尖塔の長い階段を登ると、素晴らしい眺望が待っていた。

アーレ川にかかるキルヒェンフェルト橋
Dscn3659


時計塔が覗いている
Dscn3660


よく歩いて小腹がすいたので、スイス料理レストランKroneで昼食です。
で、英語メニューを置いていない? 御冗談を。
結局、ドイツ語のメニューと片言英語で注文することとなった。
テラス席が心地良い。

メインの肉料理は、ポークでチーズとビーフを包んで焼いたもの。実に美味だった。
白ワイン、グリーンスープ、ガスウォーター、コーヒーで43CHF。
Dscn3667

Dscn3668


ゲレヒティクカイト通りを行き着くと、さびしくなる。
Dscn3674


大通りの東の端はNydeggbruckeニーデック橋。ここから眺めるアーレ川と大聖堂が素晴らしい!

Dscn3679_2



■ベルン歴史博物館

大通りを時計塔で折れ、キルヒェンフェルト橋の突き当りは博物館地区だ。
時間がないので、Historisches Museumu Bern ベルン歴史博物館に入場した。

Dscn3683


1時間余りの滞在だったが、この地方の歴史を垣間みることができ、楽しかった。

博物館から大通り方面を望むと、こんな感じ。
Dscn3686


■街のいたるところに噴水と、フィギュアが設置されている。これらを見るだけでも楽しいや。

Dscn3638

Dscn3644

Dscn3646

Dscn3663

Dscn3670

Dsc_2001



■Zurichへ戻る
再び大通りをうろうろ。
駅構内で雑誌を購入。9.8CHF

ケーキ店で休憩。いちごヨーグルトケーキとコーヒーで10CHF。

Bern、実に良いところだった。


19時2分、無事にチューリヒ行きIRに乗り込み、21時15分にホテルへ戻ることができた。
中央駅で買ったホットドッグ(6.8CHF)と、COOPで買ったチーズと白ワインを夕食に試す。
だめだ、チーズはしつこくて、とても口に合わないや。半分以上残してしまった。


■帰国です。

2015年7月24日(金)6時50分起床。
8時37分のIRでFlughafen空港へ向かう。6.6CHF。

意外なことに、空港行きIRの本数が少ない。
その意味でも、個人旅行者にとって駅前ホテルは重宝だ。

駅で調達したクロワッサンと紅茶が最後の朝食となる。7CHF。

8時50分、Flughafen Zurichチューリヒ空港に到着。

行列を横目にスマートに搭乗手続き完了。SKY PRIORITYはやはり良い。
だが、搭乗ゲートはA65で、ラウンジははるか遠方。これはいただけないな。

10時20分、boarding。満席だ。コーヒーとクッキーを馳走になる。
Dsc_2012


11時50分にシャルルドゴール空港に到着。
実はうたた寝し、ゴルナーグラートからツェルマットへ降りる感覚を夢みていた。結構なもんだ。

出国審査は長い列で、あちこちからブーイングが出ていた。スマートじゃないな。
出国できたのは12時20分。免税店で赤ワインを購入。28EUROもした。

おっ、今回のAF292はわずか10分遅れの搭乗か。感心、感心。
14時10分に離陸。長い空の旅だ。

5月に続いてのビジネスクラスは快適だが、昼食の鴨肉は少し固かった。
サービス低下は感心できないな。
Dscn3701

Dscn3702


朝食はスクランブルエッグ。これはまぁまぁ。
Dscn3703


8時20分に関西空港に戻ることができた。

初めてのスイスは、満足度の高い旅行先でした。
次はどこに行こうかな?

最後まで拙文にお付き合いくださり、Danke schon !

< Ende >

Dscn3619
Zurich リンデンホフの丘よりリマト川の対岸を望む


2015年7月22日(水)午後 Zurichチューリヒを散策

■Zurichチューリヒ 楽しくない、ただ大きいだけの街

14時58分、Zurich中央駅に到着。駅なかのインフォメーションセンターで地図をもらう。
広大な駅だな。

15時30分、2泊するホテルCentral Plazaにチェックイン。
River view 川の見える部屋を予約してある。

おや、410号室にはバスタブがないぞ。で、418号室に替えてもらった。何か、メッセージカードが……別人宛だ。フロントに照会するも「よくわからない」とのこと。後で問題になっても知らないからな。

で「リマト川の見える素晴らしい眺望の部屋」を予約したのだが、綺麗じゃない川の端が少し見えるだけ。なんなんだ?
(5月に宿泊したLyonのホテル。あそこからの景色は良かったなぁ。)
Dsc_1933

Dscn3610


遅くなった。16時30分より市街地観光に出発。

チューリヒ中央駅は趣きがあってよい。

Dscn3611

Dscn3612


中央駅前からBahnhofstrasseバーンホフ通りを南へ歩く。

Dscn3613

Dscn3614

Dsc_1934


■Lindenhofリンデンホフの丘

「菩提樹が茂り、心地よい風が吹くこの丘から、まず町全体の眺めを楽しもう」(地球の歩き方)とあるが、期待していたのと違うなぁ。
浮浪者もけっこういるし。

Dsc_1939_2


丘を降り、細い路地を行く。ここはなかなか風情がある。
St.Peterskirche 聖ペーター教会。857年には建築されていたそうで、巨大な時計塔が印象的だ。

Dscn3620


バーンホフ通りを横にそれると、良い感じ。

Dsc_1947


雨が降ってきたぞ。あれがFraumunster聖母聖堂らしい。

Dsc_1951


困った。18時頃より烈しい雷雨となった。
Grossmunster大聖堂の下で雨宿り。聖ペーター教会の時計塔が良く目立つ。

Dscn3622


観光客相手の店がひしめくミュンスター通りを北上し、中央駅へ。
明日の朝食(ベーグルサンドイッチ10CHF)を買って、ホテルへ戻る。

夕食はホテル地階のグリルレストランで。有名店らしく、満席に近い。
スイスワイン、ビーフグリル、サラダとデザート・コーヒーで60CHF。
Dscn3624


ホテルのWiFiは、なんとセキュリティなしだ。使えないなぁ。

う~ん。次のBernに期待しよう。

続きます。

Dscn3592_2
(ツェルマットのメインストリート、バーンホフ通りからマッターホルンと月を望む)


2015年7月22日(水) ささやかな間違いは、その身をもって報いる羽目に陥るのだ……

6時10分起床、晴。ツェルマット最終日だ。離れたくないなぁ。

今朝も朝食抜きでゴルナーグラート鉄道始発駅へ急ぐ。
昨日買った切符の日付が「7月30日まで」だったので、今日もvalidかと尋ねると、もちろんinvalidだった。そうですよねぇ。(昨日は発券機の日付設定を間違えていたらしい。)
往復43CHFを購入。

今朝の車両は最新式らしく、とても内部が広い。
よし、進行方向右側の座席を確保できたぞ。


……カメラを充電中のまま、ホテルの部屋に忘れてきた。どうしようもないアホだ。スマホがなければどうなっていたことか……。

水3.5CHF。ああ、ホテルの部屋のチョコレートも忘れてきた。

今回はGornergratゴルナーグラート駅ではなく、一つ手前のRotenbodenロッテンボーデン駅で降車し、ゴルナーグラートまで歩くことにした。
軽い散歩と眺望を愉しみ、Zermattツェルマット観光を締めくくるのだ。


7時に登山鉄道の始発便は動き始めた。
標高差1500メートル、アルプス山脈をよじ登るように走る。車窓も格別だ。

Dsc_1874

Dsc_1876


7時24分、途中下車。さて、ゴルナーグラート駅までの1時間弱の散歩を楽しもう……って、あれ?


■降りる駅をまちがえた!


ああ、ここは一つ手前のRiffelbergリッフェルベルグ駅じゃないか!
Dsc_1877


次の便まで1時間も待つのか? Gornergratまで1h40minとある。ならば歩いて景色を楽しもう。
Dsc_1878



甘かった……山、上りがキツイんですけど!

Dsc_1881

Dsc_1883

Dsc_1885


……8時32分、リーフェルゼー湖に到着した。

逆さ富士ならぬ「逆さマッターホルン」良いぞ。

Dsc_1888



……9時30分、やっとゴルナーグラート駅が見えてきた。もうヘロヘロだ……

Dsc_1901

Dsc_1905


これがマッターホルンの見納めになる。

Dsc_1909

Dsc_1913


9時50分、名残惜しいが、ツェルマット行きの鉄道に駆け込み乗車。(「おやめください」のアナウンスは無し。)
車中で、展望台で買った水とツナサンド(11.5CHF)をモグモグ。生き返った。

Dsc_1920


10時39分、ツェルマットに到着。11時10分にチェックアウト。
そのまま近傍のスーパーマーケット「COOP」に入る。同じようなスーツケースを抱えた客が多いな。
ワイン、チーズ、パンを買い込み(21CHF)、国鉄駅へ。


■ベルナーオーバーラントを抜けて

スイス・パスは、切符を買う手間と時間と「長蛇の列に並ぶストレス」から解放してくれる。
1等車は良く空いている。往路と違って新型車両らしく、窓も大きくて快適だ。

11時37分、Vispフィスプ行き鈍行列車、出発

Dscn3595

Dsc_1921

Dscn3598

チェックアウトの準備中、エールフランスよりCクラスへのアップグレードのオファーがあった。もちろん受諾。


12時57分、無事にZurich行きIRに乗車。
2時間の楽しい旅が始まった。

Dsc_1931

Dscn3600


車内販売があるのは良いが……トンネルが多くて、景色を楽しめないぞ。
最後の長いトンネルを抜けると、右手に巨大な湖が見えた。これがThuner Seeトゥーン湖か。

Dscn3609

Dsc_1927


Spiezシュピーツでは、Interlakenインターラーケンへの乗り換え客が一斉に下車した。

Bernでは進行方向が変わった。乗客も一気に増えた。

Dsc_1928

これがAareアーレ川だと後で知る。

鉄道旅行の途中ですが、次へと続きます。

Dscn3528_3
マッターホルン一望 ♪


2015年7月21日(火) アルプス一万尺、万歳

6時に起床してトマトジュースを飲み干す。朝食などどうでも良い。30分後にはゴルナーグラート鉄道の始発駅に到着。待ち人多し。
45分にカウンターが開き、チケットを求める長い待ち行列ができた。

ゴルナーグラート行きの往復チケット代金は43CHF。スイスパスで半額でもこの高額さだ。
計画通り、7時の始発便に何とか乗車できた。
左の髪の毛が立ったままだけど、いいや。

日本人と中国人が多い。進行方向右側の席はいっぱい。帰りはそこへ座ろう。

Dsc_1748_2

Dscn3507_2


なぜ多くの人が、こんなに朝早くから地方のローカル線にすぎないGornergratbahnゴルナーグラート登山鉄道に乗り込むのか。
その答えは、7時30分に到着した、雪と山と空しかない終着駅にある。

Dsc_1776_2

Dsc_1778_2

Dscn3514_2


■ 天国は、ここですか!!

高く蒼く雲ひとつなき空の下、Matterhornマッターホルンは力強く、優雅にその姿を見せつける。

標高4478メートル。人の存在などスルーするかのような壮大なスケール感が本当にたまらない。

Dscn3543_2


さて、SONY WALKMANアプリで「響け! ユーフォニアム」のサントラ「おもいでミュージック」Disk2を聴く。
いやいや、『三日月の舞』(松田彬人)は、このアルプスの光景にピッタリだ。


標高3089メートル。ここGornergratゴルナーグラート展望台こそ、今回の旅のハイライトだ。
Dscn3528_4

Dscn3519_2

Dscn3518_2

Dscn3527_2

Dsc_1796_2


Monte Rosa モンテ・ローザ(標高4634メートル)の下には、多くの氷河がその存在を誇示している。
Dscn3529

Dscn3556


ここには太陽中性子検出装置なるものもあるんだな。

Dscn3539

Dscn3538

ホテルの部屋に用意されていたスイスチョコを平らげる。

ああ、9時になると複数の団体客がわいわいとやってきて、展望台は人混みとなった。
美術館もそうだが、展望台に来るのは始発に限る。

10時10分、1896年開業の山岳ホテル「3100クルムホテル・ゴルナーグラート」のカフェに入る。
カプチーノとガスウォーターで9.6CHF。

Dsc_1823


10時30分、マッターホルンに雲がかかってきたぞ。早く来て正解だった。


■ハイキングは楽し

地球の歩き方2014~15版のp135に読者投稿「『これぞスイス』という光景」が掲載され、リッフェルアルプ~スネガの歩き方と、その魅力が紹介されている。今回はこのコースを歩かせてもらった。「中央区 こまき '11」さん、ありがとう!

よし、ゴルナーグラート鉄道を下り、Riffelalpリッフェルアルプで降車し、Sunneggaスネガへ歩くぞ。その後、ケーブルカーでツェルマットへ戻るのだ。
朝食抜きか……。チョコのありがたさよ。

登山鉄道は斜面を下る

Dsc_1837

Dsc_1841

Dscn3560


11時30分にリッフェルアルプ駅に到着。
Dsc_1842


ハイキング開始。
Dsc_1843

Dscn3562


林道は空気がとても澄んでいる。気分がいいぞ。
Dscn3563


林、山、岩の変化を楽しみながら歩く。自然に鼻唄も奏でられる。
Dscn3564


道はやはり平坦ではない。いつものレザーウォーキングシューズにして良かった。
朝は長袖シャツ+パーカーで良い按配だったが、歩き始めて数分で、シャツを半袖にすればよかったと想う。
袖をまくって……ああ、帽子のないのは大失敗だった。


12時20分、道中のレストランでブランチ。
仔牛肉のソーセージとパスタ、グリーンサラダにガスウォーター。
Dscn3565

ビールが美味い! Heinekenでソーセージも美味い。サラダで栄養面もバッチシ。
体が温かくなった。
デザートはアイスクリームとカフェオレ。しめて64CHF……。
Dscn3566


14時5分、出発だ。

Dsc_1851


予定を少し変え、坂を下ってMoosjiseeモシェ湖に立ち寄ることにした。

Dsc_1852

Dscn3568


14時50分に到着。小さな、でもきれいなグリーン色の湖だ。

Dscn3572

Dscn3570


上りの山道がきついぞ。しかも長い。

Dsc_1855

Dscn3573


コスモス畑。癒されるなぁ。

Dscn3576


15時40分、Sunneggaスネガにたどり着いた。

Dsc_1859


無装備なので簡単なハイキングコースを選んだはずが、なかなかどうして。
足が棒のよう。でも、達成感はあるぞ。

Dscn3577


あと、僕はメガネ君なので、オーバーサングラスは大正解だった。目が全然疲れていない。

ひとり乾杯。3時間も歩いた後だけに、格別の美味さだ。
ほろ酔いで遭難したらアホだが。

Dsc_1861


ここでも、マッターホルンの存在感は群を抜く。

Dscn3582


さて、戻ろうか。


■人の世界へ戻る
スネガの頂にあるツェルマット行きケーブルカー乗り場へ。

Dsc_1860


16時25分に出発し、15分後には、ツェルマット駅に着いた。料金は8CHF、スイスパスで半額だった。

ものすごい陽射し! サングラスがなければどうなっていたことやら。

Matter Vispaマッター・フィスパ川沿いを歩く。
川は本当に乳白色の濁流なんだな。

Dsc_1862


ツェルマット駅で、Zurichチューリヒまでの時刻表を入手した。で、予約はできないそうな。


■Matterhorn Museumマッターホルン博物館

初登頂までの労苦、ウインパーの功績、観光地化する前のツェルマット村民の暮らしぶり(極貧!)、初期のホテル群などの多彩な展示。ここもスイスパスで入場料は免除された。

Dscn3590

Dscn3588

Dscn3586


モンテ・ローザホテル開業期のフロントと客室があった。なんか、嬉しいぞ。

Dscn3589

Dscn3587


18時40分、モンテ・ローザホテルへ戻った。
あらためて見ると、なるほど、ホテルの側壁にマッターホルン初登頂を果たしたウインパーのレリーフが嵌め込まれている。

Dscn3585

Dscn3593


ふたたびツェルマット村の中心部を散歩する。
ホテルが実に多い。場所によって客層の異なるのは、世界の現実を直視する思いだ。

Dscn3584

Dsc_1866


古い穀物倉庫を使用した店舗も多かった。

Dsc_1864


先に郵便局で買った切符を貼り付け、日本へのポストカードを投函した。

あ、いいな。夕暮れのマッターホルンと、弦月。

Dscn3592


夕食はホテルで。仔牛のターターとワイン。
おい、熱いはずのデザート(加熱プリン)が冷たいぞ。当然クレーム。コーヒーも来ない。ベチャクチャしゃべってないで、仕事しろっ!
昨晩はパーフェクトだったのに、なぜ、担当者によってこんなに違う?

文句はさておき、明日も山を歩こう。
続きます。

Dsc_1681
Lausanneローザンヌ市街のお気に入りの光景。


2015年7月20日(月)ジュネーヴは快晴。昨日は34℃もあったが、今日はどうだろう。

■Lausanneローザンヌへ

9時45分にジュネーヴのホテルをチェックアウト。

10:03ジュネーヴ駅発、ローザンヌ行きのIRに乗車。
暑い。1等車なのにエアコンが効いていないぞ。
でも、座席は新幹線のグリーン車よりも快適。
Dsc_1668


10時25分に検札が回ってきた。スイス・パスを見せたら「おお、神様」みたいな顔をされた。悪くない。
前方の中国人はチケットなしで乗車したため、エクストラフィーを取られていた。ざまみろ。
Dsc_1672

Nyon、Morgesを経て10時42分にLausanneローザンヌ中央駅に到着。ここは国際オリンピック委員会の本拠地でもある。
Dsc_1674

広大な駅だ。東側のコインロッカーにスーツケースを預けて、と。9CHF。
駅のオフィスカウンターで夕方のZermattツェルマット行きチケットを求める。あれ? 予約はできないとのこと。まぁ乗車ホームなどが記されたペーパーを渡されたので、一安心。(16時45分3番ホームから発車らしい。)

さあ、キツイ上り坂に沿って旧市街の散策だ。
Dsc_1677

Dsc_1678

Dsc_1698

Dsc_1697


Eglise St. Francois 聖サンフランシス教会を見て、またまたキツイ坂を登ると……。

■Cathedrale Notre-Dame
ノートルダム大聖堂。ここは、旧市街中心地となる高台に13世紀に建築されたローザンヌのシンボル的存在だ。
Pont Ch. Bessieres橋越しに望むと、とても美しい。
Dscn3471


直下より見上げると、たしかに巨大だ。
Dscn3473


大聖堂の庭園より市街を見下ろす。アルプスとレマン湖が見えるな。
Dsc_1683

Dscn3485

ノートルダム大聖堂の内部を鑑賞。
Dscn3479

Dscn3480


南壁のステンドグラスが見事。「バラ窓」と呼ばれるそうな。
Dscn3483


ここまでは順調だったが、この後、あらぬ方向を歩いてしまい、慌てて戻る。

Chateau St. Miire サン・メール城はもったいない扱いだな。
せっかくの観光資源なのに、州庁舎にされているなんて。
Dsc_1693


■レマン湖畔へ

旧市街を後にする。Lausanne Flonフロン駅から14時21分発の地下鉄に乗車して一気に南下、14時34分にOuchyウシー駅へ着いた。
ここはLac Lemanレマン湖のほとりにあるリゾート地だ。
駅を南東へ向かい、観光ボートの発着を横目に、散策者の多いPL. de la Navigation湖岸広場を僕も歩く。

湖岸広場の東端にあるベンチでレマン湖を眺めながら休憩。ジュネーヴで観るのと、また随分と趣きが異なるな。
Dscn3490

Dsc_1706

暑い。日本から持参した塩アメが役に立った。

■オリンピック博物館

Pl.du Portポール広場を経て、レマン湖沿いを東へ歩む。600メートルほど歩くと見えてくるのが、Musee Olympique オリンピック博物館だ。ここでもスイス・パスが入場料をタダにしてくれた。
Dsc_1726

Dsc_1725

第1回近代オリンピックで用いられた旗だ。
Dsc_1718

1964年当時を再現した西欧のリビングルームで、東京オリンピック関連の番組を視聴できるコーナー。
Dscn3493

Dsc_1714

Dsc_1717

1964年東京オリンピックの展示も数多く、わずか40分の滞在だったが十分に楽しめた。
Dsc_1715

Dsc_1707


眺めも良し。
Dsc_1723


ラヴォー地区のワインは将来の楽しみに置いておき、次はZermattツェルマットへの中継地、Vispフィスプへ向かうのだ。

時間がないぞ! 早歩きで何とか間に合った。
16時27分Ouchyウシー駅発、16時32分にLausanne Gare地下鉄ローザンヌ駅着。

■Zermattツェルマットへ!

3時間5分の「車窓の旅」に備え、サンドイッチとガス水とオレンジジュースを買う。11CHF。
スイス国鉄のIRは進行方向右の窓側に座れた。陽射しがキツイが、まぁ良し。

16時45分、ローザンヌ中央駅3番ホームを出発。
17時55分にSionを通過。山が続く。気分いいぞ。
Dsc_1731

18時24分にVispへ到着。快晴じゃないか。
Dsc_1732

ホームはまだしも、駅はきれいとは言えないなぁ。

18時41分Visp発Zermatt行き普通列車に乗車。
1等車は18席で、乗客は7人。
またまた冷房が効いていないぞ。

期待に胸を弾ませて出発。単線なので、対向列車の待ち時間が長い。
ローカル駅にはすべて停車するんだな。

川沿いの登りの鉄路をグイグイと登ってゆく。
Dsc_1734


途中から「ガクン」と衝撃が……。
山の斜面にあるStalden-Saas駅で、対向列車とすれ違う。
そうか、ラック&ピニオン式の線路か! 初めて見た。
Dsc_1737

Dsc_1735


St.Niklaus駅で大量に降車した。1等車の残客も2人になった。
Herbringgen駅からは普通のレールになったぞ。たしかに平坦な路だ。

それも束の間、すぐにラック&ピニオン式のレールに戻った。Tasch駅を過ぎると、また深い山中の急峻な坂を鉄道は進む。
Dscn3495


19時50分、Zermattツェルマットに到着!
Dsc_1742


あれ、駅のi(インフォメーションセンター)はclosedだ。時刻表をもらいたかったのに。
スーツケースをゴロゴロ転がしてホテルまで500メートル。中国人も多いが、ここは日本人が多いぞ。

あった。Monte Rosa Boutique Hotel モンテローザホテル。
マッターホルン初登頂を果たしたウィンパーの宿泊した老舗ホテルだ。期待大です。
チェックインの際にジュニアスイート(503号室)へアップグレードしてくれて……やった! Matterhorn マッターホルンが良く見える! 雲に覆われているけど。
Dscn3499

さっそく、ツェルマットのメインストリート、Bahnhofstrasseバーンホフ通りを散歩。ホテルと店が多いな。
Dsc_1744

Dscn3502


左に見える山荘風の建物が、今夜より2連泊するモンテローザホテルだ。
Dscn3497


夕食はホテルのカフェレストランへ。
ステーキとスープが美味い!
ワイン×2、水、デザート&コーヒーを含めて80CHF。高くついたな。
Dscn3503

Dscn3504

Dscn3505

満腹でホテルのジュニアスイートルームへ戻る……あれ、エアコンがないぞ?
どうやら、このホテル全部の部屋がそうみたいだ。
Dscn3498

Dscn3501


あとで、Zermattではエアコンなど不要だと知る。おやすみなさい。

平成27年の暑い夏。5月に果たせなかったジュネーブ観光に加えて、マッターホルンを観たくなり、スイス6泊8日の男子ひとり旅を敢行した。

旅のテーマは次の三つだ。
■中世より列強に抗って戦い続け、永世中立同盟を維持し続けてきた連邦国家の姿をこの目で見る。
■その姿とは対極の国際都市、ジュネーブを観る。
■アルプスのヒーリングを全身で感じ取る。


【参考データ】
往路便
 2015年7月18日 関西空港11時25分発AF291便、パリ行き
 2015年7月18日 CDG空港18時30分発AF1042便、ジュネーブ行き

復路便
 2015年7月24日 チューリヒ空港10時40分発AF1115便、パリ行き
 2015年7月24日 CDG空港13時45分発AF292便、関西空港行き

ジュネーブ宿泊先:Hotel Cornavan Geneve(2泊)
ツェルマット宿泊先:Monte Rosa Boutique Hotel (2泊)
チューリヒ宿泊先:Central Plaza(2泊)

Dscn3446

レマン湖の大噴水を望む


■2015年7月18日(土)、台風の影響により、JRが停まったままなんですが!

朝7時。昨晩の台風11号の影響により、JR山陽線は運休のままだ。タクシー会社に電話しても予約でいっぱいだそうで。
まずいぞ。
急きょ、山陽電鉄明石駅へ出る。こちらも満員。普段の倍の一時間強で三宮へたどり着けた。バスで関西空港へ。

無事に9時40分にチェックインできた。

両替は100ユーロ(レート138円)と750フラン(レート133円)。春に比べて円安となっている。
スカイマイルのゴールドメダリオン特典を利用して関空ラウンジへ。タキシングする航空機を眺めつつ白ワインとミニそうめん、寿司、デザートを馳走になる。

10時55分にボーディング開始、11時50分に離陸。

雲海にぽっかりと穴。熱帯低気圧の中心? んなわけないか。
Dscn3414


機内は暑くない。長袖リネンシャツで正解だ。
13時20分に昼食。チキンはまぁまぁ。赤ワインは良し。
Dscn3417

エールフランスはプレミアムエコノミーシート、エンジン横の11Aだ。で、この座席はスムーズにリクライニングできなくてけしからん。
左の窓側に座るのは初めてだが、シェードの熱いこと!
そして読書灯が右肩に位置するので、右利きの人間にはメモが取りづらい。次からはライトの右側に座ろう。

コンラッド「エイミー・フォースター」を読み終えた。
ひたすら音楽を聴く……ブラスとストリングスの再生環境は永遠のテーマだな。
Django Reinhardtの『Minor Swing』はやはり良い。
ヘッドホンも調子が良くないな、11Aは!

22時頃に夕食が出た。いつもの固いパスタだが、今日のはまぁ、いけた。

16時35分にランディング。いつもそうだが、着地前のふらふら揺れる感覚は不安を引き起こす。
現地時間17時5分にシャルル・ド・ゴール空港へ到着。7月だから、空港はすごく混んでいる。

17時30分にシェンゲン協定・入国審査をクリアし、エールフランスのラウンジへ。
パンケーキとフルーツ、コーヒー。ここのWi-Fiは使わない方が良いな。

18時45分、Geneveジュネーヴへ向けて出発。A320は狭い。
離陸してすぐにチーズサンドイッチが提供された。これが夕食かと思いつつ、食べきらないうちに降下開始。「エアバス」の名の通り、乗合バス感覚。

Lac Leman レマン湖の上空を低く降下するのだな。おお、絶景!
湖沿いには別荘らしき優雅な建築物が多い。

19時33分、無事に着陸。あいにくの曇りだ。

スーツケースを回収し、Baggage Collection Area出口近くの自動機で「市内80分ただ券」を発券。
19時54分、3番ホームより乗車し、20時にジュネーブ中央駅へ到着。
ホームの時計のデザインが、いかにもスイスっぽい。

Dsc_1600_2

スイス国鉄の窓口でSWISS TRAVEL PASS(スイスパス)を購入。
1stクラス、2015/7/20~23日の4日間用で402CHFもしたが、これが今回の旅行で効力を発揮するのだ。

駅前のHotel Cornavin Geneveにチェックイン。711号室は目の前にノートルダム聖堂と山の眺望。一人用なら部屋の設備も十分だ。しかもGeneve Transport Cardをこちらから言わなくても渡してくれた。次回以降もここだな。
Dscn3420

夜の散歩だ。アルプス通りを南東へ歩き、レマン湖へ。
夜のレマン湖……大噴水って、こんなもんかね。
Dscn3422


モンブラン通りを北西へ、22時40分にホテルへ戻り、明日以降の計画を練る。


■2015年7月19日(日) 世界都市、ジュネーヴ

8時起床。
朝食は質素にパン3個とヨーグルト。これで9.95CHF(1,300円)って……スイスの物価高を実感。

高橋哲雄氏の著書『都市は<博物館>』によると、ジュネーヴは「カルヴァンの国」「寡頭民主制政治」「ルソーとフランケンシュタイン」「優美な近景と崇高な遠景を同時に楽しむことができる都市」らしく、期待大。

観光はゆっくりコース。まずはONU、国際連合ヨーロッパ本部へ向かうのだ。

Dsc_1603

国鉄ジュネーヴ駅とトラム。左奥に見えるのがホテル・コルナヴァン。

トラム15番Nation行きの中は快適。神戸市営地下鉄とえらい違いだ。

9時50分にONU到着。Visitor入口はずっと左にあると……閉まっているぞ
辺りは国連関連施設が集中している。この雰囲気を十分に堪能する。

Dscn3423

Dscn3429

Dscn3426

Dscn3431

Dsc_1606

Dsc_1610


トラム15番でジュネーヴ中心部へ向かい、サフレ・クール寺院の近くで降車。

オペラ劇場前、ヌーヴ広場を抜けて、パスティオン公園へ。ここは快適だ。
Dscn3432

知らぬ間に宗教改革記念碑の前に来ていた。
Dscn3433

クロムウェル。われらを睥睨して何を想うのか。
Dsc_1625

丘を上り、旧市街を散策。キツイ坂道が続く。
Dscn3434

Dsc_1627

Dsc_1626

サンピエール大聖堂。カテドラルは他とあまり変わらない気がする。
Dscn3435

Dscn3436

Dscn3440

Calvinカルヴァン専用の座席か。
Dsc_1644


ここの塔は5CHFで、すぐに上ることができた。
おお、絶景なるかな。
Dscn3445


13時に聖堂を出て昼食。maison tavelの向かいにあるRestaurant Les Armuresのテラス席へ。
白ワインとガスウォーター、トマト冷スープ、ベーコンのチーズフォンデュ、ボイルドポテト、ティマミスとコーヒー。
しめて75CHF。満腹です。
Dscn3450


maison tavel。ジュネーヴの歴史と19世紀の館の生活様式を再現した博物館。15世紀の宗教改革時の武器なども展示され、ここは興味深かった。
Dscn3460

Dscn3453

Dscn3456

Dscn3457

Dscn3458


散歩を続行するも暑い。ダウンする前に冷たいドリンクで休憩だ。Schweppesシュウェップス2本とアイスクリームで16CHF。生き返ったぞ。

maison tavel近傍の教会。小さく佇む雰囲気が良い。
Dscn3461

教会の日時計。日本ならさしずめ、ゆるキャラか萌えキャラになるんだろうなぁ。
Dscn3462

宗教改革博物館はもうすぐ閉館なのでダメ。
美術・歴史博物館へ入館。地下2Fの古代ジュネーブはまぁまぁ。
あれ、観たい1階と2階はclosedって?
理由を質すと「Very Hotだから」って、なんだかなぁ。
Dscn3463


旧市街南東部からイル橋へ歩き、途中からトラムで中央駅近くへ。
Dsc_1649

Dsc_1651

17時30分にホテルへ戻る。暑さには勝てない。
ミニケーキ×2、ガスウォーター、オレンジジュースで15CHF。

20時30分に観光再開。ジュネーヴ観光のラストはレマン湖だ。
モンブラン通りを南東へ歩き、ROVSSEAVルソー島へ。
この、ローヌ川とレマン湖の境目にある島にルソー像が鎮座し、川には白鳥とガチョウがひしめいている。
なるほど、「みにくいアヒルの子」の物語が生まれた様子がわかりそう。
Dscn3465

Dsc_1663

Dsc_1659


21時30分でもまだまだ明るい。花時計からイギリス公園にかけての一帯は人だかりだ。
Dscn3466

Dscn3468

おっと。対岸までの渡し船(M2ボート)は営業終了? しかたがないのでモンブラン橋を歩いてホテルへ戻る。

コルナヴァン駅構内のスーパーでパン3個、水、オレンジジュース、コーヒー、ヨーグルトを購う。10CHF。
う~ん。やはりここの物価は総じて高い気がする。

明日はLausanneローザンヌへ向かうぞ。

続きます。

Dscn4351


■坂の街、尾道を歩きつくす!
2016年2月7日(日)朝は快晴 後で雪が降るとは思わなかったぞ

ホテルの部屋から尾道水道が良く見える。
Dscn4226


朝食バイキングは洋食中心にした。
Dscn4228

ホテルのすぐ横に向島行き渡し船の乗り場がある。「たまゆら~もあぐれっしぶ~」6話と8.5話で登場した場所だ。後で渡ってみよう。
Dscn4229


尾道駅と背後の千光寺山。うん、歩きがいがありそうだ。
Dscn4231

有名な駅前商店街・東第一踏切前。パチリ。
Dscn4233

歩き始めて10分、この光景が気に入った。
(「たまゆら~もあぐれっしぶ~」6話に登場した坂のシーン。)
Dscn4243

■千光寺、到着!
尾道水道一望です。
Dscn4250

Dscn4267

Dscn4255

これは三重岩「石鎚山鎖修行」の場だそうで。登りきる自信なし。
Dscn4271


千光寺公園頂上展望台からの360度の眺望は最高。
Dscn4290

Dscn4283

Dscn4285


「文学のこみち」を下る。徳富蘇峰、十辺舎一九、頼山陽らの25基の碑があるそうな。

気に入りました。
Dscn4296

Dscn4297

Dscn4298


■おのみち文学の館
文学記念室には尾道ゆかりの文学者の文物が多く展示されている。
Dscn4309

Dscn4310


まさか、こんなところで宇宙戦艦ヤマトに出会えるとは。「熱血小説」って……。
Dscn4313

Dscn4312


見学を満喫して屋外に出ると、雪が降ってきた。けっこう本降りだ。
Dscn4326


志賀直哉旧居は三軒長屋。良い雰囲気だ。
Dscn4328

Dscn4331


■林芙美子の青春、それは尾道にあり。
尾道商店街の入り口には、林芙美子の銅像。
Dscn4241


千光寺公園「文学のこみち」にある碑文。
Dscn4294

特に、おのみち文学の館には林芙美子ゆかりの文物が多く展示されていた。
Dscn4315

Dscn4319

Dscn4320

Dscn4321

Dscn4322


書斎を再現。
Dscn4323

日本小説社・顧問の名刺。
Dscn4318


■ネコノテパン工場
あった! ここも見たかったんです!
本当に小さい。キイチゴアンパンとかぼちゃのクイニーアマン、りんごジュースを購入。
Dscn4332

Dscn4333


尾道商店街を歩く。
Dscn4334

Dscn4336

Dscn4339


尾道お好み焼きには砂刷りとイカ天が入っているそうで、ビールとベストマッチ。
Dscn4344


映画資料館前の映写機
Dscn4341


こんどはロープウェイで千光寺を目指す。やはり素晴らしい眺望だ。
Dscn4349

Dscn4351_2

Dscn4361


■向島……

千光寺新道をまっすぐ下ると「尾道渡船」乗船場に着く。
Dscn4362

向島へは運賃は大人ひとり100円。わずか5分の船旅だった。
Dscn4370


千光寺が遠くに見える。
Dscn4367


そのまま往復するのは面白くないので、「駅前渡船」乗船場まで歩くことにした。

向島は住宅地と造船所。観光する場所ではないな。「てっぱん」のロケ地もよくわからなかった。
30分ばかり歩き、、、行き過ぎて戻り、、、やっと尾道駅前行き渡し船に乗船することができた。
Dscn4374

Dscn4377


尾道駅前に到着。さて、帰ろうか。
Dscn4381

Dscn4383

同じ山陽本線でも、場所が違えば車両も変わる。
17:35発「岡山経由・播州赤穂」行き。数時間かければこれでも戻れるな。
Dscn4386


福山から新幹線「さくら号」に乗り換える。
のぞみ号よりもずっと快適。次から「みずほ号、さくら号」に乗るようにしよう。
Dscn4388


駄文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

林芙美子と「たまゆら」に縁のある尾道に一度行ってみたかった。
そしてバリィさんにも会いに行くのだ。
だがしかし、今回は待ち時間の多いひとり旅となってしまった。

Dscn4175


【参考データ】
2016/2/6土
新幹線 西明石07:24発~岡山08:13着
JR岡山08:32発~今治10:41着、特急しおかぜ3号

2016/2/7日
JR尾道17:35発~福山17:54着
新幹線 福山18:15発~西明石19:12着

尾道宿泊先:グリーンヒルホテル尾道(1泊)

■バリィさん、会いたかったよ。
2016年2月6日(土)

特急しおかぜは比較的空いているものの、後方の泥酔団体客が騒がしかった。朝から楽しそうで何よりだが。
瀬戸大橋を渡るのは何年ぶりだろう。
Dscn4105


今治駅ではバリィさんが出迎えてくれた。…他に何もない田舎駅だ。
Dscn4113

11:00お散歩開始。小雨の降る中、今治駅を出て東へ向かう。商店街「今治銀座」を抜けて無事、今治城へ到着した。どうやら山里櫓門から入城したようだ。
内堀に天守閣が映るさまは美しい。
Dscn4116


城の内部は資料展示。今治城は秀吉と家康に仕えた"築城名手"藤堂高虎の自信作だそうな。
Dscn4146

最上階は遠く瀬戸内を眺望できる部屋となっっている。
来島大橋と大島が見えるぞ。
Dscn4129


鉄御門櫓門を出て、20分かけて今治駅へ戻った。
Dscn4151

バスターミナルで来島展望館行きのバスを待つものの、乗り場が良く分からない。定刻13時20分より5分遅れて「それ」と思われるマイクロバスがやってきたが、乗り過ごしてしまった……。
どうしよう……。迷ったが、展望館へ行くことを決めた。

昼食を駅構内のベーカリーショップで済ませ(鯛飯を食す予定だったのに…)、JR今治駅13時49分発、13時53分に波止浜(ハシハマ)駅へ到着。
展望館まで歩くつもりだったが、タクシー乗り場が見えたので利用することに。890円。


■絶景! 来島海峡大橋

思いきって来て正解だった。
Dscn4161

Dscn4173

来島海峡の急な潮の流れ。写真じゃわかりにくいかな。
Dscn4165


活気あふれる今治造船所
Dscn4176


さて、隣の馬島まで歩こうか!
Dscn4175_2

Dscn4187


わずか2キロの道のりなのに、風と車の振動とで、結構キツイな。でも充実感はあるぞ。
Dscn4189

橋上からの眺めもなかなかのもの。
Dscn4194

Dscn4193


馬島到着。おい、自販機も何もないぞ!
Dscn4196


馬島バス停で、ひたすら次のバスを待つ。福山行きしまなみライナーは16時31分発だから、あと50分も待つハメに陥った……。
Dscn4200

これも旅の面白さ。そう思いたい。

途中、路線バスらしき車両や広島行きしまなみライナー(時刻表に載っていない!)を逃してしまった。アホか…。

で、無事に16時31分馬島BS発しまなみライナーに乗り、瀬戸田BSへ17時10分に到着。
ここも何もない。

さて、しまなみ海道のHPによると「島内路線バス」があるはずなので、バス停に向かう。待合室に貼られた時刻表を見て、目が点になった。
Dscn4203

ひどいんじゃないか、おい!

どうしようもない。タクシーを呼び、向上寺三重塔へ向かう。17時30分到着。2,780円。
Dscn4207

国宝なのだから、もう少し整備してほしいなぁ。
Dscn4210

Dscn4211

Dscn4215


平山画伯と同じ構図で、パチリ。
Dscn4208


境内から瀬戸田の港を見下ろす。うん、来た甲斐があった。
Dscn4213

もともと瀬戸田BSへ引き返し、しまなみライナーに乗る予定だったのだが、さきほどのタクシーのおじいさん運転手いわく「もったいない」とのこと。向上寺より歩いてすぐ真下の瀬戸田港から、快速線で尾道へ向かうことにした。
前にしまなみ海道のHPで見て、検討したアレか!

地方の港って感じ。
Dscn4217

Dscn4218


待合室には雛飾り。
Dscn4219


再び待つこと50分、この間にカメラP7800よりWi-Fiアダプタを使ってXperiaに写真データを転送する。
便利な世の中になったものだ。
(旅先では、スマホのボケカメラを使わないことに決めたのだ。)

船がいないぞ。どうなっているんだ、と不安になる。やっと来た。

定刻より10分遅れで尾道へ向けて出発。乗客は僕ひとりだ。(途中から5人ばかり乗船してきた。)
田舎じゃ、バスや船が5分10分遅れるのが普通なのかな?

さて、窓外の瀬戸内の景色は……真っ暗だ……。

尾道港からホテルまで歩かなきゃいかんなぁ、と思って、ふと窓外を視ると、偶然にも「グリーンヒルホテル尾道」があるじゃないか。そうか、尾道駅前にあるのが尾道新港なのか! と慌てて下船した。
19時50分、尾道に上陸。向島の造船所がライトアップされている。桟橋からパチリ。
Dscn4221


無事にチェックイン。
せっかくなので、夕食は尾道ラーメンにした。ホテルに戻ってドーナツも。
Dscn4224

続きます。

■大和ミュージアム

10時15分に入館。満員御礼だ。
Dscn4000


Dscn4010


戦艦はその巨躯と巨砲がその存在を誇示するが、艦尾の艦載機回りの設備も味があります。
Dscn4005

Dscn4003

Dscn4019

旧日本帝國海軍の象徴的存在、大和。人の大きさと比べて、その巨大さがわかる。
Dscn4024

海軍町としての呉の歴史コーナーも充実。
Dscn4025


各種艦船の展示も興味深い。
Dscn4026

Dscn4027

零式や回天の展示もあり。
Dscn4007

Dscn4008

Dscn4006

11時40分に退出。
せっかくなら1/10モデルじゃなく、1/1を建造してほしかった。

12時14分にJR呉駅を出発、12時53分広島駅。13時発の山陽線に乗り換えて、13時28分に宮島口に到着。870円。
少し歩いて、JRフェリー宮島口発着場へ。往復切符360円。
13時40分に出港した。


■初詣は世界遺産、宮島の厳島神社で

わずか10分の船旅で宮島に到着。JRフェリーは航路を工夫し、厳島神社の大鳥居の見える位置まで寄ってくれる。
Dscn4030


まずは昼食。好味亭「No.1」(かきと肉玉)と宮島ビールは美味かった。
Dsc_2350

14時40分よりお散歩開始。鹿が多い。外国人に大うけだ。
Dscn4032

Dscn4033

厳島神社の拝観料は300円。おや、水が引き始めている。
Dscn4037

Dsc_2380


Dsc_2388


Dscn4031

Dsc_2367

Dscn4039


干潮になった。大鳥居の真下から。
Dsc_2409


初詣(50円)も済ませた。今年こそ良いことありますように!
厳島神社のみの訪問となったが、実に満足だ。
Dscn4045

Dscn4041


フェリー発着場に思えない厳かさ。
Dscn4057


ただ、満潮時の姿も見たかったな……つまり、また来いってことか。来ますとも。
Dscn4059


16時25分に宮島を発ち、17時28分には広島駅に着いた。もみじまんじゅうと牡蠣をお土産にした。
新幹線のお供は牡蠣飯とビール。美味だ。
Dsc_2430


■旅の復習 広島お好み焼き食べくらべ

竹原・ほり川「ほぼろ焼き」と中ジョッキ
Dsc_2128_2


呉・徳兵衛「大和焼」と小ビール
Dsc_2242_2

宮島・好味亭「No.1」と宮島ビール
Dsc_2350_2

どれも甲乙つけがたし!

駄文にお付き合いくださり、♪~♪♪(ありがとうございました)

Dsc_2337

■海上自衛隊・呉資料館『てつのくじら館』に大満足
2016年1月11日(月)7時起床

午前は呉、午後は宮島。今日は忙しいぞ。
コンフォートホテル呉の朝食は……価格相応か。パンは美味だった。
ホテルを南下して、8時30分に大和波止場へ。まだ人は少ない。
Dscn3980

なるほど、ここは戦艦「大和」の広大な前甲板の左半分を再現しているのか。

大和ミュージアムの前には、戦艦「長門」の主砲身とスクリューが展示されている。
Dsc_2254

9時に海上自衛隊・呉資料館『てつのくじら館』に入場。
潜水艦隊と掃海部隊が長く活躍してきた記録がここに収斂されている。
Dsc_2269


朝一番だから閑散としている。
Dsc_2271

1階は海上自衛隊の歴史をパネルと映像で展示。
2階は機雷や掃海具など数多くの現物展示を中心に掃海部隊の歩みが紹介される。
Dscn3981


特に、イラク戦争で活躍した掃海艇の後部甲板は興味深い。
Dscn3982

イージス艦や広大な飛行甲板を持つ「いずも」型護衛艦に比べて地味な存在だが、この掃海部隊こそ、終戦後から活躍し続けてきたことが理解できた。


3階は展示館の中枢、潜水艦コーナーだ。
Dscn3984


戦後、米軍から貸与された初期の自衛隊潜水艦をはじめ、船体形状や武装の変遷、艦内生活、サブマリナーの激厳しい訓練課程などが紹介されていた。
Dscn3989


■潜水艦「あきしお」
三菱重工神戸で進水後、1986年3月に就役、2004年に除籍となった基準排水量2,250トンのディーゼル推進艦だ。
Dsc_2337_2

館内の狭さ!
艦長室
Dsc_2286


士官室
Dscn3991


発令所は興味が尽きない。
Dsc_2290

Dscn3995

Dscn3996

Dscn3999


潜望鏡はNikonだ。
Dsc_2292

見学を終えてお土産を購入。海軍さんのカレーが美味しそうだ。
Dscn4391

お茶。
昴珈琲特製コーヒーにレモン大福、あきしおクッキー。店員=女性隊員さんがとても美人だった。
Dsc_2306


実に良かった。合格!

このページのトップヘ