男ひとり旅の美学

33の国と地域、南極を含む七大陸を踏破! 海外旅行歴28回の「旅の恥は書き捨て」です。愛車BMW M3と読書感想文も。

2021年11月

ベル・エポック期にアール・ヌーヴォー・スタイルをつくりあげた代表的なアーティストの一人、アルフォンス・ミュシャ。本展示会は彼がデザインしたポスター、装飾パネル、はがき、切手、紙幣、ビスケット缶などの商品パッケージ、香水瓶ラベル、デザインを学ぶ学生の教本として出版された「装飾資料集」「装飾人物集」など500点の作品によって構成されるとある。
期待を込めて六甲アイランドの中心部、神戸ベイシェラトン・ホテルの隣に位置する神戸ファッション美術館を訪問した(2021.11.24)。
DSC03618a
DSC03622a
平日だったから空いている。スムーズに入館できたのは良いが、写真撮影は一点のみOKなので、少し残念。
・やはり「MONACO MONTE-CARLO」が良い。色彩の豊かさと構図がとても好きだ。
・今回はOGATAコレクションから多数出品されていて、商品パッケージ、ポスターなど初めて目にする作品が何点か見られた。これだけでも足を運んだ甲斐があったと思う。図録を買うべきだったか……。
・なお、500点の展示のうちには「装飾資料集」「装飾人物集」の膨大な内容が含まれるので、感覚的には全部で100点程度の展示だと思う。

「GISMONDA」、良いなぁ。
DSC03624a
美は細部に宿る。
DSC03628a
DSC03632a
個人的には、神戸を代表するブランド各社の協賛を得て同時開催された「神戸・まちのファッションの現在形」が良かったように思う。ナポレオン一世や乾隆帝が神戸を訪問したら……とのシチュエーションも楽しいし、神戸松蔭女子学院大学、神戸芸術工科大学、神戸ファッション専門学校、神戸文化服装学院の展示も見ごたえがあった。
せめてこっちは写真撮影の許可を出してほしかったなぁ。

今回使用したカメラ機材は次の通り。
・カメラはSONY α7RⅣ
・レンズはSONY SEL50F12GM(F1.2/50mm単焦点)

芸術に触れるのは小さな非日常。また来よう。

神戸ファッション美術館
特別展「アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ展」
ドレスコレクション展「神戸・まちのファッションの現在形」

憧れの開放F値1.2の50mm単焦点レンズをSONYストアで注文し、2か月後に届いた。
僕には分不相応なのはわかっているが、どうしても欲しかったのだ。
とりあえず、α7RⅣに装着。せめて人なみの写真を撮れるようになりたい。
DSC01267a

明石海峡大橋をパチリ。
DSC03452a
DSC03461a
DSC03473a
DSC03480a

「XDリニアモーター」4基の効果は絶大で、一瞬でオートフォーカスが決まる様は実に快適だ。長く愛用するぞ!



東京帝国大学を卒業しても就職口にありつけず、社会参画の糸口をつかめずにいる田川敬太郎。「覚悟」の欠如した彼は、ふとした縁から依頼された、ある男性の追跡という探偵まがいの仕事を経て、友人須永の叔父の家へ出入りするようになる。
また、千代子をめぐる須永の「うぬぼれと競争心と嫉妬心」が本作の読みどころ。これは誰にでありそうで、その心をえぐる漱石の筆は見事といえよう。
・大学を出て世間知らず、人生の傍観者に過ぎない敬太郎。本書は彼の物語なのだが、須永と千代子のキャラクターが濃いので、どうしても陰に退きがちになってしまう。
・ダヌンツィオと一少女の逸話を、千代子(ちよこ)と百代子(ももよこ)の性格の違いに昇華させる須永の想像力(『須永の話』)もなかなか。
・「あらゆる冒険は酒に始まるんです、さうして女に終るんです」(p20)「未来に富んだ顔に生気を漲ぎらして快活に表へ出た……光を割いて進む様な感じがした」(p90)「穏やかな顔をした運命に、軽く翻弄される」(p265)「風のない月が高く上った」(p290)「室の中に隙間もなく蔓延る暗闇が窒息する程重苦しく感ぜられた」(p294)、等々。文豪の筆を存分に楽しめた。
・解説によると、漱石が「高等遊民」の言葉を登場させたのは、実はこの『彼岸過迄』だけらしい。
・神経衰弱に陥るのを自ら防ぐべく、須永は西日本への旅に出る。個人的には、「明石」(兵庫県明石市)の逸話が登場することが嬉しい(『松本の話』)。

千代子との強烈な衝突を経て、また、自分の出生の秘密が明らかになったことで、須藤が人として一歩前進したのに対し、敬太郎は敬太郎のままだ。漱石は二人を対置することで、文明社会における人のあり方=選択肢を示してくれたのだろうか。
それにしても僕は思う。愛娘との死別という漱石自身の厳しく辛い経験を作中人物である松本に投影し、その是非を後世に委ねた彼の胸中を想うことで、本作の味はより濃密になる。それがために、本作は『こころ』とならぶ名作と呼べるのではないだろうか。
時を置いてまた読んでみよう。

漱石全集第七巻
彼岸過迄
著者:夏目金之助、岩波書店・1994年6月発行
2021年11月14日読了
DSC03421a

彼岸過迄
夏目 漱石
2012-09-27


はじめての海外ひとり旅はニューヨークを選び、その際に訪れたメトロポリタン美術館(MET)の展示の量と質に「圧倒」されたことを、四半世紀を経た今でも憶えている。現在メトロポリタン美術館は改造工事のために休館中のため、150万点を誇る所蔵美術品の中からヨーロッパ絵画に的を絞り、日本初公開46点を含む全65点の展示が実現したそうな。
今回は初日に訪れることができた。
DSC03406a

事前予約制(時間帯指定の前払い)でスムーズに入館できたのは良いが、写真撮影は全面的に禁止とのことで少し残念。
まぁ、宗教絵画、ルネッサンス、近代絵画がバランスよくセレクトされているので良しとしよう。
DSC03400a

今回の展示会でのお気に入りは次の2点だ。
・まずは、かつて本国METで発行された「メトロポリタン美術館ガイド」(日本語版)の表紙を飾った『Mezzetin メズタン』だ。恋に報われることのない使用人が、今日もあの女性を想って楽器を爪弾いて唄う……同じ男として同情しますとも!
DSC03412a
・もう一点の『信仰の寓意』は日本初公開のフェルメール作品の一点となる。解説によると地球儀を踏みつける女性は教会の権威を、蛇の死体は悪意の征服を示すそうな。なんにせよ色彩と構図が気に入った。
DSC03413a


今回使用したカメラ機材は次の通り。
・カメラはSONY α7RⅣ
・レンズはSONY SEL24F14GM(F1.4/24mm単焦点)
軽さは正義です。

芸術に触れるのは小さな非日常。今度はニューヨークのMETへ行こう!

メトロポリタン美術館展-西洋絵画の500年-

DSC03414a
DSC03415a

FE 24mm F1.4 GM
ソニー(SONY)



↑このページのトップヘ