SONYミラーレス一眼カメラα6000の広角レンズとして、安価なSEL16F28とVCL-ECU2(ウルトラワイドコンバーター)の組み合わせ(35mm換算で広角18mm)を装着していたが、なにか物足りない。で、次回の海外旅行に備えて、思い切って買い換えることに。

・購入にあたっては、SONY純正のSEL1018(10-18mm F4 OSS)と迷いに迷って、悩みに悩んだ。かたや超広角15mmと手振れ補正とズームに魅力あり。かたやZeissだが単焦点で実機レビューも少ない。でも、手持ちのSEL1670Z(Vario-Tessar T* 16-70mm F4)の画は好みだし……。えいっ。期待を込めてこちらを選ぶことに。

・カメラ本体よりも豪華なパッケージに、特徴的なボディとフードとキャップ、説明書と保証書。収納袋はなし。
DSC00056
DSC00057DSC00059
・Carl Zeiss純正のPLフィルタも同時購入。14,782円は高いなぁ!
・α6000に取り付けてみると良い感じ。重さはカメラと合わせて680グラム。許容範囲内だろう。
DSC00061
DSC00062


試し撮りしてみて、これまでのSEL16F28とVCL-ECU2との差が僕でもわかった。
(ただし、暗い室内では期待できなさそう。)
DSC00182
DSC00171
DSC00098
DSC00118
DSC00191
α6400に標準ズームレンズSONY SEL1670Zを装着、望遠ズームレンズにSONY SEL70350G(70-350mm F4.5-6.3)、広角レンズはCarl Zeiss Touit 2.8/12。予備カメラはα6000ガンメタリック塗装機。しばらくはこのラインナップでカメラの世界を愉しもう。

……SIGMA単焦点レンズContemporary C016(換算45mm・F1.4)も魅力的だなぁ。(レンズ沼にはまる?)