■2020年1月4日(土)

6時50分起床。船内はひどく乾燥していて、のどがすごく痛い。
南極滞在も三日目になると、少し疲れが出てくる。いやいや、休憩しているヒマなんてない。最後まで楽しまないと。
朝食後、9時10分にボート乗り場に集合。われらAmundsen teamは2番手の出発となる。

上陸地点に近づくと……あれは、アルゼンチンのブラウン観測基地だそうな。けっこう規模が大きい。
DSC02466
DSC02468

上陸後、ブラウン基地のそばでストックを受け取り、小高い山の上を目指します。
DSC02471
DSC02474
DSC02488

これが、結構しんどかったりします。
DSC02508

■Paradise Harbour

パラダイス・ハーバー。
ここへ来てみたかったんです。山頂からの眺めは、ああ、絶景なり。
DSC02585

眺望を満喫したところで下山。
BROWN基地には入れませんが、広報センター(小屋)には「南極の一部はアルゼンチン領土だ」と空しい主張をするパンフレットが置かれていました。
DSC02625
DSC02611

地表から眺めてもきれいです。パラダイス湾と命名されたのも頷けようもの。
DSC02617

ブラウン基地を後に、クルーズの始まりです。
DSC02632
DSC02668
DSC02693
DSC02699
DSC02706
DSC02747

アホウドリかな?
DSC02736

氷の芸術
DSC02807
DSC02902

これぞ南極って感じ。
DSC02962
DSC02967
DSC02985
DSC03016
DSC01435

氷山の上のペンギンたち。かわいいなぁ。
DSC01461
DSC01453

それでは、母船『Ocean Adventurer号』に戻ります。
DSC03058

昼食後、15時の出発となります。

■Cuverville Island

ここには複数のペンギンの営巣地があり、存分に楽しませてもらいました。
DSC01518

ゼンツーペンギンには親しみがわきます。
DSC03137
DSC01500
DSC01526
DSC01529
DSC01531
DSC01558

ゼンツーペンギンの赤ちゃん。
DSC01581

南極で僕の足元に迫るゼンツーペンギン

ペンギンの営巣地。エサをくわえて家族のもとへ走る父親ペンギンの姿が、けなげ。



アザラシも結構います。
DSC01684

アザラシの大あくび。


今日は、これぞ南極といった素晴らしい光景を見ることのできた、満足の一日でした。

26時就寝