冒頭から強烈な印象を放つ少女。いや、存在感ではない。はかなさと、投げやりな、せつなさ。全編モノローグの「哲学のシッポ」な語り口から生まれるオリジナルの世界観は、実は誰しもが持っているものの象徴か。
・父親を失った家……女学校に通える身分ではあるが、家には女中もいないから、夕食の準備もお風呂番も、すべてが娘の役割。思惑が思惑を呼び、人との付き合いに倦み、だが将来を悲嘆するでもない日々を送る、私。
・「過去、現在、未来、それが一瞬のうちに感じられる様な、変な気持」(p12)「女のキリストなんてのは、いやらしい」(p15)「頼れるだけの動かない信念を持ちたいと、あせっている」(p25)若さゆえの感受性の高さは、やはり貴いものだ。
・「嘘をつかない人なんて……その人は、永遠に敗北者だ」(p26)
・「美しさに内容なんてあってたまるものか。純粋の美しさは、いつも無意味で、無道徳だ。きまっている。だから、私は、ロココが好きだ」(p59)
・起床から、通学、午前と午後の授業、帰宅、夕食の準備と客人の接待、入浴、就寝まで。私の一日を綴るは多感な世代の持つ感受性か、哲学のシッポか、思い込みか。華麗な文体と語り口に魅せられること、幾たび。

実は、今井キラさんの作品を手にするのは初めてだが、リリカルで強烈なイマジネーションを起こさせてくれそうなカラー・イラストレーションはとても気に入った。

乙女の本棚
女生徒 
著者:太宰治、今井キラ、立東舎・2016年11月発行
2020年7月26日読了
DSC05687a

女生徒 (立東舎 乙女の本棚)
最果 タヒ
立東舎
2016-11-25