猛々しく暑い2020年の夏、城崎温泉と城崎マリンワールドへ出向いてきた。
旅先ではひとりの外国人とも遭遇しなかったが、こんなのは初めてだ。

【参考データ】
宿泊先:三國屋(1泊)

■2020年8月11日(火)神戸から出石を経由し、城崎温泉へ

今回はマイカーでの旅行となる。8時に自宅を出発。お盆だからか、第二神明道路、加古川バイパス、姫路バイパスは結構混んでいる。播但有料道路に入り、市川サービスエリアで小休止。アメリカンドッグを食す。

第一の目的地、出石には10時50分に到着。大手前駐車場(一日500円)に駐車し、大手前通りを少し歩いてみる。
出石皿そばのお店が多いが、お盆の時期だけあって休業しているところも。
DSC05720
出石のシンボル、辰鼓楼。
DSC05724
引き返して。出石城跡へ。それにしても暑い。「豊岡37℃」は伊達じゃない。
DSC05726
DSC05731

出石永楽館へ。
DSC05738
この時代がかったムードが良いなぁ。
DSC05739

昼食は「手打ち出石皿そば 玄」に入店。結構待たされたりする。
DSC05758
この少量でこの価格設定は……(どこの店も同じだったりする。)

■城崎温泉 三国屋

暑いさなかを再出発。車の中は快適だ。

播但道路、を経由して14時30分に三国屋へ到着。裏面の駐車場へ。このあたりの道路は極めて狭いので運転には中止しないと。
DSC05759

小休止して、さぁ、温泉街を歩いてみよう。三國屋はJR駅に近いが、その分、中心街までは少し歩くことになる。
DSC05762
DSC05764
有名な一の湯だ。
DSC05770
裏道を歩こう。少し雨が降ってきた。
DSC05772

城崎文芸館へ入る。涼しくて良い。
ここは志賀直哉はじめ、城崎ゆかりの作家・著名人の城崎とのかかわりとその足跡を追う博物館だ。城崎温泉の紹介にも力が入っている。
DSC05776
DSC05777
大正時代の城崎。当然、ロープウェーなんてものもない。
DSC05780

旅館でもらったお土産クーポン券(4,000円分)を使い切り、三國屋へ戻ります。
夕食を但馬ビールとともに楽しみます。但馬牛ステーキがジューシー。
DSC05786
DSC05787
DSC05788
宿内の温泉は貸し切りだから、独り占め。コロナの時代にはうれしいです。

■2020年8月12日(水)城崎マリンワールドへ

翌日は快晴。旅行には素晴らしい天候に恵まれた。
朝食はちょうどよい分量だ。
DSC05790

チェックアウトの際に「GoToトラベルキャンペーンの」宿泊証明書をもらえた。思わぬ嬉しさに小躍りです。

ロープウェーに乗って大師山の山頂へ。朝いちばんだから空いていて良かった。(11時を超えるとダダ込みになる。)
DSC05794

カフェで小休止。
山頂からは城崎市街を見下ろせる。
DSC05808

11時に下山。そして、城崎マリンワールドへ。
駐車場が……遠い……。(700円)
あらかじめ入館予約しておいたので、スムーズに入館できた。入場料2600円はさて、安いか高いか。
DSC06171

南極訪問以来、アザラシは僕のお気に入りです。
DSC05823
それにしても、水槽の中の魚群の撮影は難しいなぁ。
DSC05825
DSC05830
DSC05848

但馬海岸。
DSC05917

イルカたちのショーは楽しめました。
DSC02322
DSC06012
DSC06033
DSC06063

よくなついているなぁ。
DSC06153

ペンギンの散歩は、数が少ない。
DSC06170

う~ん。楽しめたぞ。愛車M3もご機嫌です。
DSC06174

16時20分に城崎マリンワールドを出発し、朝来サービスエリア、明石サービスエリアで休憩・食事しながら20時40分に無事に帰宅できました。

車での旅行もまた楽し。

今年はコロナ・ウィルスのせいで海外旅行に行けないし、飛行機に乗るのもイヤだし、近場をうろつくことにしました。

最後まで拙文にお付き合いくださり、ありがとうございました。