不器用でも真っ直ぐな駅長、佐藤乙松。この男には「定年後の人生」なんて無い。そんなことは考えない。

鉄道員として生きて、生きて、死んでゆく。

仕事一筋の男をここまで真摯に演じてくれるとは……。やはり高倉健は本物です!

クライマックス近く、原作がフラッシュバックされるせいか、思わず涙が"じわっ"と。

「雪子か?」の場面は実に良いですね。良いのですが……所詮、広末涼子はアイドルなんだ、と再確認しました。(すでに過去の人でもあります。)

それにしても、浅田次郎です。「蒼穹の昴」、映画化しないかな?(5年くらいかかりそう。)