愛車BMW 320Mスポーツ・E46型2001年式に異常が発生した。
これまでトラブルらしいトラブルも無く、"当たり"の個体だったのだが……。

昨夜(3月8日)エンジンをかけると「エンジン警告灯」が点灯したのだ。慎重に走行したが特に異音も異臭もなかったので、今日工場で確認してもらうことにした。
今日もエンジンをかけると、やはり点灯したままだ。
ディーラーの工場(HYOGO BMW、神戸市西区のモトーレン兵庫)で診断してもらった結果、
「TEバルブ故障メモリーあり。現在正常に作動しているため一時的な故障と思われます。今回メモリー消去にて出庫させていただきます」
らしい。
燃焼室に残った気化ガソリンをガソリンタンクに(?)戻すための部品が、TEバルブ。これまで何万回と動作し、1回の動作不良をコンピュータが認識し、エラー表示したそうな。
……そんなものがあることすら知らんかった。

エラー記録を消去し、後は快適なドライブを愉しんでいたのだが、19時頃、買い物を終えてエンジンをかけると、また同じ現象が発生した。
やれやれ、どうしたものか……。