早朝活用のノウハウだけでなく、仕事を成し遂げるための鉄則が整理されている。
もっと早い時期に読めば良かった。

人を生かすコミュニケーションのコツ、か。
僕自身を省みると、社内報連相の観点で「徹底して聞くこと」に不足があったように思う。さっそく改善しよう。

[メモ]
■プライオリティチェックのコツ
■仕事のフレームワークの把握
■「いざ」という時と「具体的な理由」=動機付けが"やる気"を起こす

・朝いちばんから「仕事モード」
・「やる気モード」「仕事モード」のピークは朝7時
・エネルギーチャージ=睡眠
・体内時計、すなわち体感時計

・チームワークのできるスペシャリスト
・朝一ミーティングのポイント
・"やる気の波動"は伝播する
・ジョブ(作業)を削ってワーク(仕事)に従事

・メモの習慣
・刺激のシャワー=勉強、情報、人
・社内人脈
・ウォーキングによる脳の活性化

朝4時起きの仕事術 誰も知らない「朝いちばん」活用法
著者:中島孝志、マガジンハウス・2009年8月発行
2012年3月20日読了