英国留学への旅の途上、33歳の漱石はパリ・リヨン駅へ初めて降り立った。時に1900年10月21日、目的はただ一つ、パリ万国博覧会をその目で観ることにある。

本書は、漱石の日誌や書簡、同時代の滞欧日本人の遺した記録を題材に、世紀末ベル・エポックのパリと史上最大規模のパリ万博、そして外部から見た見た明治33年の日本の姿を見事に活写する。

・オスマン大改造後の整然とした巨大建築の街並みと、シャンゼリゼ大通りをはじめ、二万台近い四輪辻馬車が疾走する舗装街路を目の当たりにした漱石の驚きようは、現代日本人の比ではなかった。

・本書の特徴。それは、まるで漱石に同行してきたかのような詳細な記録にある。到着第一夜の行動から二日目午前の日本大使館への訪問、そして午後のさっそくの万博見物。ミュージックホールでの観劇と深夜3時までのカフェ体験。開通したてのメトロ搭乗、日本国の出品物を含む万博展示品の品定め、子規の知人である画家宅の訪問、外交官との会食。そしてエレベータを経由しての「エフエル塔」展望台への登頂(p46)。何もかも刺激的だったに違いない。

・万博会場を巡るは楽し。1989年万博のエッフェル塔に対し、「動く遊歩道」が1900年万博の目玉でも会った。四か所の会場を連絡する実に全長3,500メートルの動力歩道は、のべ5,000万人(p43)を超えた入場者を楽しませたことだろう。そして帝国の規模を誇るは数多くのパビリオン。機械技術を誇示する本館に新技術の電気館、文化の爛熟を示す工芸館には、日本の美術品もあった。

・各国パビリオンの一つである日本館はなんと、アジア・アフリカ植民地コーナーに設けられ、関係者の憤慨を招いたそうな。

・民間企業のパビリオンである日本茶屋や、会場内のロイ・フラー劇場で貞奴Sada Yacco旋風を連日巻き起こした川上音二郎一座の公演は、日本のイメージ高揚に大いに貢献したことだろう(p142)。だが現代と同じ官尊民卑の精神よろしく、これらの「下卑た催し」は日本政府の記録では大きく扱われていない。

・日本の出展は西陣織や友禅などの織物と陶磁器などの美術工芸品に偏っている。15人がグランプリを受賞(p124)するなど、注目と高い評価を受けたのだが、万国博のメインストリームである重化学工業製品の出展は皆無であり(p122)、富国強兵に努めてきた日本政府としては忸怩たる思いだったろう。

・世紀末の花の都へ7泊の滞在。だが漱石の行動範囲は16区とエッフェル塔を含む万博会場に限定されていたようで、ルーブル美術館もノートルダム寺院もオペラ・ガルニエも訪れていない。最初にして最後の偏ったパリ訪問だったが「正真正銘の世紀末の空気を吸った」(p82)彼に悔いはなかったろう。

1900年万博会場図(p41)や当時の16区の地図(p89)は、漱石の足跡を巡るうえで大いに参考になると思う。
それにしても歴史のパリ。著者の探訪記と当時の写真により、漱石が目にした都市景観が現在もその姿を変えていないことが示される(p23,33,90,179)。漱石が深夜まで楽しんだ2件のミュージックホールは現在も営業中だ(p72)。115年後の追体験に愉しみは尽きない。

漱石のパリ日記 ベル・エポックの一週間
著者:山本順二、彩流社・2013年12月発行
2015年10月28日読了

Dscn3722