Dsc_1681
Lausanneローザンヌ市街のお気に入りの光景。


2015年7月20日(月)ジュネーヴは快晴。昨日は34℃もあったが、今日はどうだろう。

■Lausanneローザンヌへ

9時45分にジュネーヴのホテルをチェックアウト。

10:03ジュネーヴ駅発、ローザンヌ行きのIRに乗車。
暑い。1等車なのにエアコンが効いていないぞ。
でも、座席は新幹線のグリーン車よりも快適。
Dsc_1668


10時25分に検札が回ってきた。スイス・パスを見せたら「おお、神様」みたいな顔をされた。悪くない。
前方の中国人はチケットなしで乗車したため、エクストラフィーを取られていた。ざまみろ。
Dsc_1672

Nyon、Morgesを経て10時42分にLausanneローザンヌ中央駅に到着。ここは国際オリンピック委員会の本拠地でもある。
Dsc_1674

広大な駅だ。東側のコインロッカーにスーツケースを預けて、と。9CHF。
駅のオフィスカウンターで夕方のZermattツェルマット行きチケットを求める。あれ? 予約はできないとのこと。まぁ乗車ホームなどが記されたペーパーを渡されたので、一安心。(16時45分3番ホームから発車らしい。)

さあ、キツイ上り坂に沿って旧市街の散策だ。
Dsc_1677

Dsc_1678

Dsc_1698

Dsc_1697


Eglise St. Francois 聖サンフランシス教会を見て、またまたキツイ坂を登ると……。

■Cathedrale Notre-Dame
ノートルダム大聖堂。ここは、旧市街中心地となる高台に13世紀に建築されたローザンヌのシンボル的存在だ。
Pont Ch. Bessieres橋越しに望むと、とても美しい。
Dscn3471


直下より見上げると、たしかに巨大だ。
Dscn3473


大聖堂の庭園より市街を見下ろす。アルプスとレマン湖が見えるな。
Dsc_1683

Dscn3485

ノートルダム大聖堂の内部を鑑賞。
Dscn3479

Dscn3480


南壁のステンドグラスが見事。「バラ窓」と呼ばれるそうな。
Dscn3483


ここまでは順調だったが、この後、あらぬ方向を歩いてしまい、慌てて戻る。

Chateau St. Miire サン・メール城はもったいない扱いだな。
せっかくの観光資源なのに、州庁舎にされているなんて。
Dsc_1693


■レマン湖畔へ

旧市街を後にする。Lausanne Flonフロン駅から14時21分発の地下鉄に乗車して一気に南下、14時34分にOuchyウシー駅へ着いた。
ここはLac Lemanレマン湖のほとりにあるリゾート地だ。
駅を南東へ向かい、観光ボートの発着を横目に、散策者の多いPL. de la Navigation湖岸広場を僕も歩く。

湖岸広場の東端にあるベンチでレマン湖を眺めながら休憩。ジュネーヴで観るのと、また随分と趣きが異なるな。
Dscn3490

Dsc_1706

暑い。日本から持参した塩アメが役に立った。

■オリンピック博物館

Pl.du Portポール広場を経て、レマン湖沿いを東へ歩む。600メートルほど歩くと見えてくるのが、Musee Olympique オリンピック博物館だ。ここでもスイス・パスが入場料をタダにしてくれた。
Dsc_1726

Dsc_1725

第1回近代オリンピックで用いられた旗だ。
Dsc_1718

1964年当時を再現した西欧のリビングルームで、東京オリンピック関連の番組を視聴できるコーナー。
Dscn3493

Dsc_1714

Dsc_1717

1964年東京オリンピックの展示も数多く、わずか40分の滞在だったが十分に楽しめた。
Dsc_1715

Dsc_1707


眺めも良し。
Dsc_1723


ラヴォー地区のワインは将来の楽しみに置いておき、次はZermattツェルマットへの中継地、Vispフィスプへ向かうのだ。

時間がないぞ! 早歩きで何とか間に合った。
16時27分Ouchyウシー駅発、16時32分にLausanne Gare地下鉄ローザンヌ駅着。

■Zermattツェルマットへ!

3時間5分の「車窓の旅」に備え、サンドイッチとガス水とオレンジジュースを買う。11CHF。
スイス国鉄のIRは進行方向右の窓側に座れた。陽射しがキツイが、まぁ良し。

16時45分、ローザンヌ中央駅3番ホームを出発。
17時55分にSionを通過。山が続く。気分いいぞ。
Dsc_1731

18時24分にVispへ到着。快晴じゃないか。
Dsc_1732

ホームはまだしも、駅はきれいとは言えないなぁ。

18時41分Visp発Zermatt行き普通列車に乗車。
1等車は18席で、乗客は7人。
またまた冷房が効いていないぞ。

期待に胸を弾ませて出発。単線なので、対向列車の待ち時間が長い。
ローカル駅にはすべて停車するんだな。

川沿いの登りの鉄路をグイグイと登ってゆく。
Dsc_1734


途中から「ガクン」と衝撃が……。
山の斜面にあるStalden-Saas駅で、対向列車とすれ違う。
そうか、ラック&ピニオン式の線路か! 初めて見た。
Dsc_1737

Dsc_1735


St.Niklaus駅で大量に降車した。1等車の残客も2人になった。
Herbringgen駅からは普通のレールになったぞ。たしかに平坦な路だ。

それも束の間、すぐにラック&ピニオン式のレールに戻った。Tasch駅を過ぎると、また深い山中の急峻な坂を鉄道は進む。
Dscn3495


19時50分、Zermattツェルマットに到着!
Dsc_1742


あれ、駅のi(インフォメーションセンター)はclosedだ。時刻表をもらいたかったのに。
スーツケースをゴロゴロ転がしてホテルまで500メートル。中国人も多いが、ここは日本人が多いぞ。

あった。Monte Rosa Boutique Hotel モンテローザホテル。
マッターホルン初登頂を果たしたウィンパーの宿泊した老舗ホテルだ。期待大です。
チェックインの際にジュニアスイート(503号室)へアップグレードしてくれて……やった! Matterhorn マッターホルンが良く見える! 雲に覆われているけど。
Dscn3499

さっそく、ツェルマットのメインストリート、Bahnhofstrasseバーンホフ通りを散歩。ホテルと店が多いな。
Dsc_1744

Dscn3502


左に見える山荘風の建物が、今夜より2連泊するモンテローザホテルだ。
Dscn3497


夕食はホテルのカフェレストランへ。
ステーキとスープが美味い!
ワイン×2、水、デザート&コーヒーを含めて80CHF。高くついたな。
Dscn3503

Dscn3504

Dscn3505

満腹でホテルのジュニアスイートルームへ戻る……あれ、エアコンがないぞ?
どうやら、このホテル全部の部屋がそうみたいだ。
Dscn3498

Dscn3501


あとで、Zermattではエアコンなど不要だと知る。おやすみなさい。