Dscn5601
キリンは言った。「サファリは最高だろ?」


2016年5月3日(火)6時15分起床、意外と寒い。10℃くらいか。
就寝前に顔面、首、手足に虫よけスプレー&塗布したおかげで、どこも蚊に咬まれていない。良し。

7時に朝日が昇ると、急激に暑くなってきた。これがアフリカか!

7時50分出発。町から国道1号線へ出る。この町には信号機が存在しない。車も少ないが。

灌木に囲まれ、単調な一本道をBotswanaボツワナへ向かう。すれ違った車は、わずにか1台だ。
ザンベジ川にかかる5本目の橋が建設中だった。2,700kmにたった5本……車両の多くは渡し船で渡河するそうな。

国境近くでバスを降りる。国が異なるので、バスとガイドも交代となる。
9時ちょうどにジンバブエを出国し、徒歩でボツワナ国境に達する。写真撮影禁止だ。

9時30分、無事にボツワナへ入国できた。
この国は資源不足なので、この1年ほどは出入国カードが印刷されていないという。不憫な。

ここでサファリ仕様の4WD車に乗り換え、まずはKasaneカサネの町を目指す。

Dscn5494


9時45分、チョベの3キロ手前の町、KasaneカサネにあるChobe Marina Lodge チョベ・マリナ・ロッジで休憩。
10時20分、Chobe National Parkチョベ国立公園に入園。


■Game Drive チョベ国立公園でゲーム・ドライブ! 楽しい!

公園入口には大小動物の骨が展示されている。期待に胸を膨らませ、公園内を車は進む。
Dscn5517

Dscn5519


右手に見える穏やかな流れはチョベ川。数キロ先でザンベジ川と合流し、その先75キロでヴィクトリアの滝へと姿を変えるのだ。
Dscn5520


インパラの小家族
Dscn5537


インパラのハーレムには強いオス一頭にメス数十頭。弱肉強食の世界。
Dscn5560

Dscn5561


禿鷹は何を漁るのやら。
Dscn5551


バッファロー。表情が良いね。
Dscn5591


象さんの核家族?
Dscn5597


象は下の方の木の実を食べつくすと、木を倒して、上の方の木の実を食べるのだとか。
Dscn5630_2


ジラフ(キリン)。アップで。
Dscn5601_2

Dscn5605


先に道路を横断して、群れを待つ子供のキリン。健気です。
Dscn5606


シマウマの群れ。ずっと尻尾を振っているんだな。
Dscn5636


大満足!
ドライバーのガブチャさん。お世話になりました。
Dscn5648


12時30分より1時間、Chobe Marina Lodge チョベ・マリナ・ロッジでビュッフェの昼食を摂る。
Dscn5653


ボツワナの地ビールは、なんか薄い気がする。
Dscn5650



■ボート・サファリ

お次は、BotswanaボツワナとNamibiaナミビアの国境を流れるChobe Riverチョベ川でボート・サファリだ。
Dscn5687

Dscn5723

Dscn5655


全長3mを超える巨大ワニも数匹。
Dscn5667

Dscn5708


水辺で草を食む象。暢気そうです。
Dscn5683

Dscn5729

Dscn5684


カバの群れ。
Dscn5691


それにしても象が多い。なんでもチョベ国立公園に12万頭、ボツワナ全体では25万頭が生息するそうな。
ボツワナの土地は痩せている上、畑作しても象が食べてしまうので、農業は難しいとのこと。
Dscn5660


満足と興奮のまま、ボート・サファリは終了。15時30頃に国境へ移動。
16時にジンバブエに再入国。係員2人の流暢な日本語には驚かされたぞ。


■ジンバブエの鉄道とジンバブエ・ドル

土産物屋へ寄ってお買い物休憩となったので、小走りで線路の方へ立ち寄った。

Dscn5738

Dscn5742

プレトリアやリビングストンまで通じているはずだが、線路は歪んでいるし、ちゃんと動くのだろうか?

お土産に、こんな木彫り物を買ってしまった。
15ドル。高いとわかっていても、先進国の人間の一人として買うのだ。
Dscn5758


ジンバブエ国境では何人もの「ジンバブエ・ドル売り」がやってきた。まっとうな商売には見えないが、一人が「Support me!」と叫んでいたのを思い出す。
ホテル従業員や観光ガイド等と異なり、正職を持たない途上国の人物の叫び。
100億ジンバブエ・ドル一枚を2ドルで買った。

本当は100兆ドル紙幣が欲しかったが、ほとんど流通せずに消えたみたいだ。
Dscn6144



■ボマ・ディナー

19時よりボマ・レストランで夕食だ。その名も「ザ・ボマ」。ダンスで迎えられ、民族衣装を重ね着て、ムードを盛り上げる。
Dscn5796

Dscn5761

Dscn5765


昼間サファリで見たイボイノシシとワニの肉は、結構おいしかった。
ここの「目玉」である芋虫には挑戦できなかった。弱いなぁ。

フェイス・ペインティング&民族衣装を着用してのドラムたたきはとても楽しかった。
Dscn5780


ZAMBEZIビールと赤ワインも美味かった。
ほろ酔い気分で、続きます。