Dscn6252a
ジンバブエ公立学校での一コマ。


2016年5月5日(木)最終日 6時起床
ホテルのレストランから、アフリカのサンライズを鑑賞する。
Dscn6177


長かった旅行も最終日か。午前中は地元の公立学校を訪問した。

この道路標識は「生徒が横断するので注意」を意味するのかな?
Dscn6207

9時55分に到着。
学校名は「CHAMABONDO PRIMARY SCHOOL」らしい。
Dscn6250


では、副校長の話に耳を傾けようか。
・ここは4歳から13歳までの児童が通う、一般的な九年生の公立学校。義務教育はここで終わる。
・一クラスは約50人。校舎、教室は不足しており、午前、午後の2シフト制で授業が行われる。
・それでも全校生徒1,800人をカバーできず、屋外(木陰)での授業を強いられている。
・国語を除いて、授業はすべて英語で行われる。
・給食制度はなく、弁当持参か自宅へ戻って昼食を摂ることになる。遠い生徒は片道4キロを歩く。
・コンピューターは30台。全国的に紙資源が不足してるので、ペーパーレスによる図画工作は助かる。
・眼鏡を装着する生徒は皆無。そもそも高級品なので買えない。
・ネクタイを着用しているのは「級長」。(ただし学級委員長ではなく、クラスに複数人存在するみたいだ。)


あるクラスを訪問。事前に教育されていたらしく、日本の歌を披露してくれた。
Dscn6218


QAコーナーでは安倍首相、トヨタ、ホンダに加え、「東京スカイツリーは634メートル」には驚かされた。ネット環境あればこその離れ業かな。
Dscn6227


教室を見て気付いたことを書こうか。
・当然ながら昼間は消灯。天井には蛍光灯型電球が二つのみ。
・誰も筆箱など持っていない。多くは靴下にペンを指している。
・複数のテーブルを長椅子が囲み、テーブルには7~10人の生徒が座る。やせ細った二人の生徒が、教室の隅で床に座っていた。授業料を満足に払えない家庭の生徒だと瞬時に理解。かわいそうに。
・愛想よく笑ってカメラに納まる生徒がほとんどだが、敵意を隠さずにぶつかってくる生徒も一名いた。どこの世界も同じだな。


続いて校長室を表敬訪問。
・公立学校以外にも少数のパブリックスクール、ミッションスクールが存在する
・公立学校は慢性的に予算不足。ユネスコなどの援助で賄っている。
・義務教育ではあるが、授業料は3か月で50ドルかかる。これは一般家庭に重い負担となっている。


校長室に掲示の時間割表をパチリ。許可もらってます。
Dscn6248
朝は7時30分始業か。

エネルギーいっぱいだな!
Dscn6225

Dscn6237


日本語も勉強してくれているんだな。好奇心は大切です。
Dscn6221


屋外で美術の授業。女性教諭が「お叱り」の声を上げていた。どこも同じか。
Dscn6249


いいな!
Dscn6252a_2


10ドルを寄付してきた。
11時に小学校を出発し、一路、ヴィクトリア・フォールズ空港を目指す。
Dscn6256

真新しい空港。正面の道路は工事中だった。
Dscn6257


ヨハネスブルグへ向かうSA41便、A320-200の機内は満席だ。昼食は美味ではない。
14時45分にヨハネスブルグへ到着した。


■南アフリカのビール

旅行最終日にして、空港のラウンジで、やっと、ついに、満を持して、南アフリカ産ビールを飲むことができた……。
心残り、なし。

■帰国です。

O.R.Tambo空港を利用するのはこれが最初にして最後だろうなぁ。
Dscn6263


17時30分に香港行きSA286便は離陸した。
機内の冷房を効かせすぎだ。すぐにブランケットを纏うことになる。

夕食は豚の角煮を選択した。しつこくなく、美味。
坂本真綾との相性もバッチリだ。
Dscn6269

Dscn6270


20時30分に消灯。眠くないし、暗闇での映画は諦め、ひたすらSONY ZX100で音楽を聴く。

うたた寝……悪夢を見て起きることの繰り返し。やはり機内では寝付けないなぁ。

朝食は4時40分(香港時間10時40分)。コーンフレークは嫌なので、えびヌードルにした。
Dscn6272


12時8分に着地。予定より早い到着のようだ。20分後には入境できた。さすが香港は効率が良い。

この空港は広い。調子に乗って空港内を歩き回って空腹となり、台湾式肉ラーメンと青島ビールを試す。168HKD(2,550円)って高いなぁ!
ここの店員は愛想悪し。次は利用してやらないぞ。

Cathay Pacific機。華やかさが欲しいなぁ。
Dscn6274


関西国際空港行きCX502便のエコノミーシートは9列並び。KLMやAF(10列)に比べたらマシか。
16時40分に離陸した。
4時間弱の航空旅行で締めだ。

7インチモニタは視認性が悪く、これが目の前50cmにあるのだから、とても楽しめない。
音楽を聴き、うたた寝しつつ、ビールを飲んで……。
19時45分にlanding、21時15分に無事に帰国できた。

帰宅は5月6日(金)23時40分。スーツケースを紐解くのは明日にしよう。体内時計も調整しないと。


人生初参加のツアーだったが、ツアーディレクターMさんと同行者のおかげで充実した楽しい旅行となった。どうもありがとうございました。


駄文にお付き合いくださり、Baie dankie aan almal!
(最後にAfrikaansを使ってみたりして。)