世界遺産知床。北の果てに赴くのには交通の便にいささか難あり、とこれまで躊躇していたが、手ごろなツアーを見つけたので思い切って参加することにした。
個人での国内ツアーは、これが初参加となる。

Dscn7024

【参考データ】
『FDAチャーター機利用で行く知床半島と釧路湿原3日間』
往路便
 2016/7/16土 7:40関西国際空港~9:55根室中標津空港   JH5701便(FDA)
復路便
 2016/7/18月 17:00根室中標津空港~19:30関西国際空港 JH5708便(FDA)
往復ともフジドリームエアラインのチャーター機となる。

宿泊先
 2016/7/16土 ニュー阿寒ホテル(阿寒湖温泉)
 2016/7/17日 知床プリンスホテル 風なみ季(斜里町ウトロ)

■道東への航空旅行

2016年7月16日(土)
3時50分起床。JR三ノ宮駅前5時45分発のバスで関空へ。6時45分到着。早朝はさすがに高速道路も空いている。

JAL・フジドリームエアライン団体カウンターに設けられたツアー窓口へ。小型機なので自分の小型キャリーバッグも機内に持ち込めないとのこと。不満に思いつつも荷物を預け、搭乗手続きとなる。

7時30分に搭乗開始。機体はERJ170、74人乗り。2+2ではあるが普通のエコノミーシートで、期待していたほど広くはない。シートは窓側ではなかった。残念。

Dscn6810

Dscn6813


7時55分、神戸空港をtake off!

雲上にポッカリと頭を出す富士山が見えた。

ほぼ定刻通り9時46分に根室中標津空港に到着。森の中の空港って感じ。

Dscn6817


北の大地らしく、ちょうど良い涼しさだ。

10時13分にツアーバスは出発。二日目のオプショナルツアー(知床ナイトウォッチ)を申し込んだ。

国道272号線を南下。おお、道路は本当にまっすぐで、信号機がない!
・道路では人や車ではなく、エゾジカなどの動物がよく飛び出し、事故を引き起こすそうな。
・牧場の牛馬の多いこと。
・市街地を抜けると、何もない光景に愕然とする。大草原。
・ガイドによると、道東は人よりも牛の方が多いそうな。

Dscn6823

11時10分に中知安別に至る。釧路はまだ遠い。

■釧路湿原
12時に昼食会場の釧路プリンスホテル到着。洋食ランチのえびと魚は美味だった。

JR北海道、釧路駅に到着。13時過ぎだ。
Dscn6834


釧路湿原ノロッコ号・塘路行き指定席の窓側に座れた。
Dscn6844


日本最大の釧路湿原は、元々は海だったんだな。正直言って感動はなかったが、少しづつ移り変わる景色を眺めていると、40分はあっという間に過ぎた。
Dscn6883

Dscn6880

Dscn6887


15時5分に北斗展望台へ到着。釧路湿原の眺望はいまひとつだなぁ。
Dscn6905

Dscn6903


丹頂鶴自然公園(丹頂鶴飼育センター)。ちょっと生育数が少ないかな。
Dscn6921

Dscn6911

Dscn6907


16時20分にセンターを出る。国道沿いの畑に野性の丹頂鶴2羽を見ることができた。
Dscn6925


■阿寒湖温泉 典型的な観光地

移動時間が長いな。17時30分にニュー阿寒湖ホテルに到着。

阿寒湖畔を少し散歩。寂しくも良いところだ。
夕食は十勝彩美牛の和食御前。これは美味しかった。

Dscn6931

Dscn6929


■アイヌ民族舞踊

阿寒湖の夜をどうするか……。アイヌシアターイコロへ。
アイヌ民族舞踊、古式の舞を観賞。もう一捻り欲しいところ。
観客の1/5が外国人だったし、世界遺産に正式登録されたら盛り上がるのかも。

Dscn6946

Dscn6953

Dscn6961


それにしても阿寒湖の街って、土産物店が充実しているな。

大浴場・露天風呂は良い。そしてサッポロビールのクラシック夏季限定を愉しむ。

続きます。