神戸元町、三ノ宮、ポートタワー、映画館、王子公園、神鉄有馬温泉駅、国鉄舞子駅、ラジオ関西、平清盛……。
現在も刊行されている神港ジャーナル社(≒神戸市)発行の月刊誌KOBEグーの連載を加筆修正して纏めたもの。
戦前~昭和40年代の神戸の写真満載。

・昭和に入って移設された「新」三ノ宮駅周辺が急激に発展し、神戸駅周辺から繁華街の地位を受け継ぐ様子がよくわかる。
・大丸神戸店は昭和2年に、そごう神戸店は昭和8年に開業か。
・旧国鉄、阪神、阪急の大阪~神戸間スピード競争も面白い。
・昭和5年観艦式記念海港博覧会が、兵庫区の中央卸売市場の南、兵庫突堤埋立地で開催されたとある。観たかったな。
・JR元町駅って、地元民の請願駅だったのか。
・朝霧駅、西舞子駅、霞ヶ丘駅など、駅名の決まるまでの過程も興味深い。

けっこう鉄道マニアのバイアスがかかっているが、1トピック見開き2ページで景観の変遷、名所、通りや駅名などの名称の由来が解説され、地元民にとっても楽しい一冊となている。

神戸街角今昔
著者:兼先勤、神戸新聞総合出版センター・2013年11月発行
2017年1月25日読了

Dscn9787