■2018年2月11日(日) アブダビまで長距離バスの旅

7時起床。まだまだ眠いが体を起こし、テラスへ出て仰ぎ見ると、ブルジュ・カリファの銀色の雄姿。
ランドマーク・ビューのホテルは最高だ。

朝食はホテルのバイキングで。みんなよく食べる(ような)ので、負けてはいられない。
プールの前なので気持ち良い朝を過ごすことができた。
鳩もなつく(?)し。
DSCN3659
DSCN3660

8時55分にチェックアウト。22時まで荷物を預かってもらい、ホテルのリムジンで空港へ向かうこととなった。このリムジン利用料はホテル代金に含まれているのだ。

9時5分、タクシーに乗車。9時30分にアル・グバイバ・バスステーションに到着、40Dh。
DSCN3673

往復のバスチケットを購入。なるほど、バス料金(50Dh)の他に、強制的に交通カード(ノルカード:10Dh)を持たせるわけだな。

アブダビ行きのバス乗り場にゆくと、すでに長い行列が……、ああ、次のバスになってしまった。
(一旦バスに乗車するも、「満席」なので強制的に降車させられたのだ。2時間立つよりはマシか。ノルカードはきちんと清算してくれた。)
DSCN3669
DSCN3672

20分後の10時にバスに乗車。しかし、ずっと並んでいた男性よりも、女性とその家族が優先して乗車できるシステムらしく、復路でも結構揉めていた。

10時10分に出発。外気温は25℃なるも車内は寒く、長袖にして正解だった。
DSCN3681
DSCN3678

11時13分に国境をこえてアブダビ側に入る。ドバイにしろアブダビにしろ、近代都市なのは一部で、他は昔ながらの光景が広がっているように思えた。
DSCN3687

ドバイ市内で渋滞につかまったせいか、結局、アブダビ中央バスステーションに到着したのは12時28分だった(約2時間20分)。
復路は余裕を見て早めに乗車することにしよう。(これが正解だったと後でわかる。)

・都心部でも、マングローブの木が多い。
・あと、都心部は完全な車社会。歩行者はほとんどいない。
DSCN3686
DSCN3689

なんちゅう陽射しだ。サングラスと帽子は正解だった。

12時30分、バス停で待機しているタクシーに飛び乗る。あれ? 「ルーヴル・アブダビ」が通じないぞ? 英語を話せって? 失礼な。「ルーバー、アブダゥビ」でやっとわかってくれた……。

で、アブダビは広いエリアに観光地が点在しているようで、車(タクシー)なしではどうもこうも行かないようだ。
12時52分、やっと「ルーバー、アブダゥビ」に到着。40Dh。

■LOUVRE ABU DHABI ルーヴル・アブダビ

おお、灰色の鳥籠のようなドーム天井の独特のシルエットに、真っ白な四角い卵を抱えたような美術館。
ここは「地球」と「キリスト教、イスラム教、仏教」と「世界中の文化」をフューチャーしたようで、内部空間の意匠も展示物も最高だった! ああ、言葉にならないや。

詳細は「その4」に書きますね。
DSCN3952
DSCN3932

16時33分、タクシーに乗車し、次の目的地へ向かいます。


■Sheikh Zayed Grand Mosque シェイク・ザイード・グランド・モスク

16時56分、アラブ首長国連邦最大の「シェイク・ザイード・グランド・モスク」に到着。60Dh。
DSCN3963
DSCN4012

内部の見学には、履物を脱いで入るんだな
女性は体のラインを隠す服装に、頭部を覆うショールか。ムスリムの衣装(クフィーヤ?)をその場で借りて着用する女性も多かった。

DSCN3997
DSCN3982
DSCN3994
DSCN4000
DSCN4003
DSCN4020
コーランを聴きながら奥へと足を運ぶ。

DSCN4039
DSCN4040
ここは日本人も結構いるな。
それにしても、さすがは王国。この威容は圧倒的じゃないか。


■ドバイに戻ります。

18時10分にグランド・モスクを離れ、タクシーに乗車。
18時30分にアブダビ中央バスステーションに到着
水を買い求めると、なんと1Dh(30円)だ。
復路のバス代金はノルカードにチャージされているので直接バス乗り場へ。ここも行列。
DSCN4059

で、待つこと30分、腹立たしいことに僕の順番で「次のバスに」となった。女性客は次々と優先乗車しているのに……。
さらに待つこと30分、やっと、ついに、念願かなって19時33分にバスに乗車することができた。
3列シートは○だ。
19時42分、バスは発車。予定より1時間も遅れての出発だが、余裕を見込んでいたため、問題ない。
(立つのは疲れたが。)

21時30分、Al Jafiliaバス停に到着。ここはワールド・トレード・センター駅とADCB駅の中間で、ダウンタウン地区にもほど近い。待機タクシーに乗車。行き先はホテルだ。
21時45分にパレス・ダウンタウンに到着。30Dh。
少しゆっくりしたいなぁ。コンシェルジェに相談し、空港行きリムジンを22時30分から23時に変更してもらった。

小腹を満たすために1Fレストランへ。アラブ・バイキングで250Dh? やめておこう。
3Fのカフェ・バーへ。ラムケバブとハイネケン2本は相性が良い。(140Dh)
DSCN4063

ここからの夜景も良い感じ。
DSCN4061
DSCN4062

■帰国です

23時に荷物を受け取り、リムジン(往路と色違いのAUDI A8)に乗車。ビュンビュン飛ばしてくれたおかげで、23時20分にドバイ空港ターミナル3に到着した。
DSCN4064

復路はビジネスクラスも良いな。エミレーツのカウンターで差額を確認。23万円……僕にはエコノミーがお似合いです、

2月12日0時5分にチェックインし、25分に出国完了。
セキュリティチェックではバッグを持ったままゲートをくぐろうとして怒られた。疲れているのかな。
うん、シャワーを浴びることにしよう。
ホテルはエレベータをB*フロアへ上がり、さらに専用エレベータを上がったところにある。
そこのフロントを探すのに時間がかかり、結局、向かって左側のエリアにシャワールームのフロントがあった。(スタッフに連れて行ってもらった。)

代金は60Dh。あまり広くないシャワー室だが、着替えを置くには十分だ。
ここはバスタオルはあってもハンドタオルはないので、持参したタオルを使用することに。
歯ブラシはあっても、カップは無いんだな。
シャワーですっきり。着衣の上、ドライヤーのある部屋へ。なるほど、トレーニングジムもあるんだな。

免税店エリアでお土産を探す……大量のPatchiチョコレートに、これはデーツ(干しナツメヤシ)か。紅茶も。440Dh。

で、ゆっくりしすぎた。ゲートC11は限りなく遠い。早歩きで2時20分ギリギリ間に合った。もう搭乗が始まっている。
この人の多さ! ああ、また満席みたいだ。

2時30分にボーディングし、3時35分に離陸した。
すぐに夜モードか。

5時30分頃に朝食とビール、9時30分頃に昼食と白ワインをいただく。
復路は意外と早く感じるな。

なるほど、メッカのカーバ神殿の方角がディスプレイモニタに表示されるのは、中東航空機ならでは。
DSCN4066

往路は11時間30分だったが、復路は8時間の航空旅行となった。なるほど、飛行ルートが異なるんだな。
DSCN3443
DSCN4069

11時25分、降下開始。11時(16時)44分ランディング。とにかく、無事に帰ってこられたことに感謝。

17時15分に入国。
・両替:残金1,050Dhから26,198円か。
・コインロッカーに預けた冬服を取り出す。追加料金900円。
・夕食は塩ラーメン。1,050円。
 『ラーメン大好き小泉さん』の影響で、ラーメンを食す機会が増えたのだ。

http://ramen-koizumi.com/
関西国際空港は圧倒的に中国人が多い。ウェルカムだ。

18時15分に神戸・三宮行きバスは発車。今日は空いている。
三ノ宮を経由して、20時過ぎに自宅へ戻る。

これで弾丸旅行は終了です。
最後まで拙文にお付き合いくださり、شكرا جزيلا لك!
نهاية

ドバイ (タビトモ)
ジェイティビィパブリッシング
2017-12-07