■2010年3月12日(金)ロンドン塔へ

今度は部屋の鏡台の蛍光灯が切れたのでフロントへ電話。交換しにしたのはアフリカ系の大きく屈強な黒人だ。フロントと客室係は白人、設備係、清掃係は有色人種。なんだかなぁ。
交換前の蛍光灯はGS製(made in Hungary)、新しいのはOSRAM製(made in German)とのこと。

購入したポスター類は、ホテルから自宅に郵送してもらうこととした。

さて、ロンドンを見て回ろう。
15系統のバスは後部に螺旋階段のある旧型のダブルデッカーだが、この型がロンドンらしくて良い。
後方から乗車し、車掌の持つハンディ端末にオイスターカードをかざす。2階席へ。

13時にロンドン塔へ到着。入場料は17ポンド。少し高い。でも、来て良かった! 13世紀からの塔の歴史をたっぷり堪能できた。
100_4192
100_4189
100_4188100_4214
・塔内の展示は、王家の武器庫としてのそれなんだな。
100_4235
100_4242
・13世紀から17世紀までの塔の構造の変遷は、王朝の変化と時代ごとのニーズに密接しているんだな。
100_4250
100_4253
100_4254
・ロンドン塔から眺めるタワー・ブリッジも良い。
100_4225
・タワー・ブリッジはどこから見ても絵になる。
100_4266
100_4269
100_4272


■リージェント・ストリート、ピカデリー広場

高級店が多い、アキュアスキュータム本店、バーバリー、コーチ……。
100_4287
100_4284
100_4291
ここで、この界隈で、財布の心配をせずポンを買い物をできる身分になることを自分に誓った。

夕食はホテルのレストラン「Homage」で。欧米人ばかりの客層で、アジア人は僕ひとり。見えない壁は、やはりあるんだろうなぁ。


■公共トイレ?
ストランド通りをホテルへ向かって戻る途中、奇妙な光景を見かけた。僕の前を歩く男性が、周りをきょろきょろしながら、壁のようなものに向かってジッパーを下した! なんと、繁華街の歩道の途中に「立ちション」コーナーがある。しかも4人同時に「処理」可能な構造で、互いの顔が見えない工夫までなされている。よくこんなものを置いたなぁ(本当に必要な時はありがたいけれど)。
馬の信号機と並ぶ二大発見だ。

しかし、ロンドンはどこもかしこも工事中だ。19世紀に完成されたインフラはガタがきて、どんどん交換しなければなならいからだ。極端な例では、「地下鉄駅まるごと工事中のため、通過します」なんてアナウンスもあったし。道路もどんどん穴をあけるので、交通渋滞は日常茶飯事だ。

■2010年3月13日(土) 帰国です。

5時40分起床、6時25分にホテルをチェックアウト。40分に地下鉄に乗り込み、7時30分にヒースロー空港に到着。
驚いたことに、早朝の地下鉄は満員だった。ずっと立ちんぼは免れることはできたが、困ったもんだ。

7時45分にチェックイン。今度はプレミアムエコノミーからビジネスへの変更はなし。まぁ、これが普通だが。
係員の対応は実に良い。サービス業、かくあるべし。ホテルTHE WALDORF HILTONのフロントの「レジ係」もこれを見習うべきだ。

で、VATの手続きを終えて、スカイチームのラウンジで朝食を摂ることにした。ここ、ヒースローのビュッフェは種類も量も豊富で良いぞ。でも日本語の新聞も雑誌も皆無だ。C国とK国のはあるのに。
お土産……ハロッズでウエッジウッドの紅茶カップとソーサーを1客分購入してしまった。割らないように気を付けないと。

ヒースロー国際空港からパリまでは約1時間。昼食を食べ終えてすぐに降下だ。

シャルル・ド・ゴール国際空港では、セキュリティ・チェックの列が異様に長かった。そしてボーディングの際にピー音がして、何やら嬉しい予感。わざとらしく「Any problem?」とたずねたところ、「Good news!」とのこと。やった! ビジネスクラスへのアップグレードだ! プレミアムエコノミーを予約して正解だった。早めにチェックインしたのが良かったのかな?
14時15分、AF292便は関西国際空港へ向けてtake off!
100_4299

ロンドン上空もそうだったが、CDG空港上空は無数の飛行機雲がまるでアートのようだ。見ていて心地が良い。
ランチにボルドーワインをつけて、優雅な気分。高級ワインはタンニンが美味い!
100_4300

しかし往路のAF291便に比べてAF292便のクルーは質が劣る。愛想がほとんどない。

翌3月14日(日)9時45分、関西国際空港へ到着した。日本はひどい湿気だな!


■はじめてのLONDONの印象

1.やはり先進国! 科学技術分野に限れば米欧日に後れを取るかもしれないが、トータルな社会システム-試行錯誤しながらも人類社会にとっての理想を追う姿勢は、この現代社会において他の国々に先んじているように思う。
2.長い歴史! 種々の君主が戦を重ねて形づくられてきた国。その上で他国と協調し、伝統の上に先進的な試みを重ねるのは、われわれも過去に見習ってきたところであろう。21世紀においてもなお不変であるように思う。
3.歴史の点でもう一つ。過去の帝国主義支配を、社会に内在化させた点は注目するべきだろう。「白人以外もいるだろう」レベルの認識で入国したのだが、とんでもない誤りだった。むしろビジネスの現場、生活の場でも有色人種は英国社会に完全に溶け込んでいた。この点は米国と変わらないのか。否、英国のほうが優れているような印象を受けた。ただし階級意識が残留している点には留意すべきか。肌の色の違いではなく、従事する「職」にして階級差が歴然としている印象だ。街を歩いて、金融・医療・先進工学はTOP、その他エンジニアは2nd、ワーカーは再会のイメージを強く抱かされた。
日本も負けていないはずだが、否、僕自身も見習うべき点は多々あり、今後の成長につなげていこうと思う。良い意味でのエリート社会である英国。なにか他人より秀でた確固たる点を延ばさないといけない。
(と、当時の旅日記に書いてありました。)


それにしても、もっと良いカメラを持っていくべきだった。Kodak V570では力量不足だった。


ここまで駄文にお付き合いくださり、どうもありがとうございました。

/END

エマ 10巻 (HARTA COMIX)
森 薫
KADOKAWA / エンターブレイン
2014-02-14