男ひとり旅の美学

[旅の恥は書き捨て]ってことで。あと、BMWと読書感想文も。

カテゴリ: 日記・コラム・つぶやき

公私混同を越えた不正経理のオンパレード。すでに逮捕された数千万円は別にして、電子レンジ、リクライニングチェア、現物がどこにあるか分からないパソコンにデジカメ、はては個人用の冷蔵庫まで! 総額、なんと2億円!
もはや一部の職員の「魔が差した」ではすまされない話だ。数千円単位の「日常的な話」なら、もっとあるんじゃないのか?

それでも、名前は公表されないし、ごく一部を除いてクビになることもない。
簡単な「口頭注意」で話は流れ、ボーナスも満額支給、定年まで何事もないような顔をして勤め上げ、ありあまる年金でウハウハ生活。
まさに税金使い放題の犯罪者天国。せめて名前ぐらい公表すればいいのに。

神戸新聞より。

http://news.goo.ne.jp/article/kobe/region/T20100910MS02262A.html

神戸市は10日、不正な経理処理があるとみて全庁調査をしていた2005~09年度の物品調達について、168課で2793件計約2億1千万円の不正経理があった、と発表した。パソコンなどを私的流用した疑いのある男性職員(34)を同日付で懲戒免職処分とした。リクライニングチェアなど公金支出が不適正な28件約286万円分については、該当する職場や個人に全額返還させる。さらに「市民の信頼を著しく失墜させた」として矢田立郎市長を減給30%(3カ月)とし、今後、関係者の処分も検討する。

 市によると、建設局や環境局など335課の約10万件、64億円の支出を調べた。このうち約半数の168課で約2億円の不正経理があった。

 職員に返還を求める対象は、私的流用の疑い(2件、74万円)▽白紙伝票を使い、個人用の冷蔵庫など公金支出にふさわしくない物品を購入(15件、105万円)▽白紙伝票で買った物品が職場に存在しない(11件、106万円)。このほか、予算消化のため納入年度を前年度に装うなど会計処理には問題があるが、購入した物品は適正なケースが2765件、2億637万円‐とした。

 会見した玉田敏郎行財政局長は「再発防止に取り組み、信頼回復に努めたい」と謝罪。市長は03年度から行財政改革で給与の20%カットをしており、計50%の減給となる。また副市長3人も今回の不祥事で減給15%(3カ月)とし、行財政改革でのカット分を合わせると計30%の減給。

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003418594.shtml

神戸市環境局の元職員(33)が公費で購入したパソコンなどを転売し、約7300万円を着服していた問題で、新たに同市の区役所に勤務する30代の男性職員が、公費で買ったパソコンやデジタルカメラを私的流用した疑いがあることが9日、神戸市などへの取材で分かった。職員は取引業者から預かった白紙伝票を悪用、市の被害額は数十万円に上るとみられる。

 神戸市は6月に発覚したパソコン転売問題を受け、全庁調査を実施。職員は調査が始まった8月上旬以降、行方が分からず、市は長期の無断欠勤を理由に懲戒免職処分にする方針。

 神戸市によると、職員はかつて兵庫区役所に勤務し、物品調達を担当した。その際、実際はパソコンやデジタルカメラを購入したにもかかわらず、業者の白紙伝票を使って別の消耗品を買ったように見せかけていた。

 業者側が提出した売り上げ元帳と市の支出命令書を照合した結果、購入品名が違っていたため、市が職員を追及したところ、私的流用を認め「すべて私の責任です」と謝罪。その後、行方が分からなくなったという。

 市によると、このほか別の部署でも、業者側の元帳ではパソコンやデジタルカメラを市に納品しているのに、現物を確認できないケースが数件あるという。

2010年7月25日、夜7時のニュースを見た。
なんなんだ、これは?
・ヘリコプター墜落事故と相撲名古屋場所千秋楽の2本で、15分を浪費する。
・白鳳優勝。それは良いのだが、「年6場所になってから云々の快挙」であることを、30分の間に3回も繰り返す。そもそも、相撲にこれだけ時間を割くのはNHKだけだ。
・学者先生が死亡したらしい。ご愁傷様です。
・岐阜県多治見で38.1℃。うん、暑いねぇ。
・建設業界の決起集会。参加者の声を紹介するのは良いが、不況にあえいでいるのは彼らだけなのか? 「政府が面倒をみるべきだ」って、アホか!
・土用の丑の日。国産ウナギが高騰。インドネシア養殖ウナギ。名前の出された一企業にとっては、スゴイ宣伝になるな!

実に平和な世の中だ。
ところで、ニュースはこれだけか?

・米韓合同演習は? 海上自衛隊員のオブザーバ参加のことは? 集団的自衛権との関係は?
・スイス鉄道事故の続報は? 日本人の死傷者多数なのに。
・とっくに死刑に処されるべき北朝鮮テロリストをヘリ遊覧させるなど厚遇し、その批判に対する国家公安委員長の「素晴らしい」弁解のことは?
・政権運営は?
・円高は?
・潜水艦16隻体制から20隻体制への防衛大綱改定の話は?
・日本列島の大動脈、新幹線保守工事中の事故のことは?

ニュースソースをNHKと新聞紙に限定された地方のお年寄りに、偏った認識を持たせはしないか?

他にも言いたいぞ。
追跡、AtoZってなんだ? 昔のプロジェクトXの栄光を引きずっても仕方ないだろう。
お笑い芸能人の低俗な番組が多数放送されているが、こんな下らない番組のために受信料を払った覚えはないぞ!
ポケっとNHKだけ見ていると、まさに痴呆症になるな!

通信と放送の融合が語られて久しいが、NHKは「特別な地位」を特権と勘違いし、いまの体制を温存するのだろうな。だからデジタル放送の推進に固執する。
こんなので良いのか? 「クローズアップ現代」のような骨のある番組を増やす等、自ら改善する意志はないのだろうか?

Yahoo!ホームペ-ジのほうがよっぽど有効だ。

地中海の宝石、チュニスには以前から興味があったのだが、京都で大規模なカルタゴ展があるという。京都「えき」訪問のついでに足を伸ばした。(2010年3月27日)

鑑賞の前に一休み。珈琲サロン、阿蘭陀館へ入る。旧日本銀行京都支店の金庫室を改装したそうな。調達品も明治時代のものらしく、素晴らしく趣味が良い。
で、ここは高級喫茶だ。普通のブレンドコーヒーが「ブルマンです」って……。なるほど美味だ。内装に負けていないな。

では、鑑賞開始。

ローマに敗北した後、文字通り全土が灰になるまで破壊されたカルタゴだが、墓地の副葬品などは「消失」を免れた。その装飾からは、フェニキア起源の神々への信仰を基本としつつ、ギリシア、ローマの影響を受けた多神教国家の姿が浮かんでくる。
石碑にはバルメット文様なる装飾が多い。
スフィンクスとメドゥーサはギリシャ神話の影響か。

圧巻は「有翼女性神官の石棺」だ。フェニキア、ギリシア、ローマの美術様式の集大成とされているが、その造形美も秀逸だ。
高位の神官、政治家の棺にのみ埋め込まれた、黒大理石のプレートも観る価値あり。ポエニ文字が読めれば、なお良し。(無理。)

金銀のコインは、表面は女神の顔で、裏面は馬の図形で統一されている。ロンドンの銀行博物館で観た古代ヨーロッパの貨幣よりも美麗だぞ。

しかしカルタゴ、とんでもない海軍基地を持っていたんだな。長く地中海の覇権を握っていられたわけだ。

ローマ占領後は、本国のローマ、エジプトのアレキサンドリアと並び、帝国の三大中枢都市にまで発展する。その大事業の中心にいたのが、かつてローマ軍と死力を尽くして戦ったハンニバルだというから驚きだ。(戦死または殺害されたと思っていた。)

富裕市民の邸宅とモザイク芸術には、あまり興味を引かれなかったなぁ。

ますますチュニジアに行きたくなったぞ。

THE LEGACY OF CARTHAGE:A journy Across the Mediterranean
チュニジア世界遺産 古代カルタゴとローマ展 きらめく地中海文明の至宝
http://www.bunpaku.or.jp/exhi_carthage.html
2010年4月4日まで!

19世紀末のヴィーン・セセッションに、鉄骨直線文明に反旗を翻すパリ・アール・ヌーヴォー。20世紀初頭の生活文化と芸術の融合が顕わなポスターが、遠くチェコの博物館から大量に輸送されてきたそうな。
ベル・エポックの香り。これは行かねばならない。(2010年3月27日)

神戸から京都まで、JR西日本の新快速で約一時間。遠いなぁ。
遠いけど、行った甲斐がありました。

歴代の分離派展ポスターのいくつかは、いま観ても刮目させられる。当時は極めて斬新だったんだろうな。

お気に入りの1枚は……1905年の「リエージュ万国博覧会」ポスターだな。ベルギー王国の特徴を随所にあしらい、女性の肩から腰にかけての服飾デザインが秀逸だ。ミュシャやロートレックに比べると扱いは地味だが、それでも気に入った。。

旅行会社のポスターは、20世紀に入っての大衆社会へのレジャーの浸透が感じられる。1927年の「寝台特急北極星号」のポストカードを購入したぞ。

物販ポスターや雑誌表紙も、当時の風俗が感じられて面白い。

KIRIN ~美の巨人たち~で2010年2月に放映されたアルフォンス・ミュシャの「ジスモンダ」も展示されていた! 現物を観ることができて最高だ。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/data/100206/

なるほど、当時の設備では縦長ポスター原版1枚ものの印刷が難しく、2枚を重ねていたんだなぁ。
ミュシャの作品では、同じサラ・ベルナールを描いた「ハムレット」が僕は大好きなんですが、レプリカ、手に入らないかなぁ?

LIFE WITH POSTERS 1890-1920
LIFE art nouveau
チェコ国立プラハ工芸美術館、チェコ国立モラヴィア・ギャラリー所蔵
アール・ヌーヴォーのポスター芸術展 ~クリムト・ミュシャ・ロートレックなど~
http://www.wjr-isetan.com/kyoto/floorevent/index_7f.html
http://www.kyotodeasobo.com/art/exhibitions/poster-of-art-nouveau/
2010年3月28日まで!(って、終わりか。)

ロンドンに行きたくなり、PEN誌のバックナンバーを購入した。(Amazonの中古商品)

パリとローマは過去と伝統に縛られて変貌を遂げられず、ニューヨークは偏狭な価値観に凝り固まっているのに対し、ロンドンは常に姿と価値観を変え、これからも世界をリードする都市であり続ける、とのインタビュー記事があった。なるほど。

興味深い記事があった。

日本でも市民権を得て久しく、まるで葵の御紋のように"濫用"される「エコ」だが、ロンドンでは、「エシカル」なる概念が浸透している。ethical、すなわち倫理的な、道徳的な、の意味を拡大解釈し「倫理的に正しいライフスタイル」を指す言葉として定着しているらしい。

どこまで理解できているのか、実はよくわからない「地球環境問題」や「人権・人道問題」に対し、まずは身近に実践できることから関与し、個人レベルで貢献しようというものだ。いわゆるエコな生活だけでなく、チャリティやフェア・トレードをも含むのが特徴だ。
大げさに構えず、まずは第一歩から。

エモーショナルな世論に惑わされることなく、自分の意志で「正しいライフスタイル」を実践することが、エコロジーに貢献することになる。個人主義、民主主義の生まれた西洋社会には、まだまだ学ぶことは多いな。

どこまで本当なのか。どこからが噂の域なのか?
よくわからない。
でも、人生経験40年。もう、どんな話にも驚かないぞ!

■集団レイプ犯の息子を学童の臨時指導員に据えた大阪府茨木市教育委員会の原田茂樹課長
無期停学期間中の血気盛んなレイプ犯が小学生児童の指導? 何かの冗談か?
休学の理由を知らないわけがない。
書類審査から面接まで自らが行い、採用の決定を下したのも、その父親だって?

「結果的に認識が甘かった。父親として判断が甘く、被害者に申し訳ない」と謝罪? 被害者だけでなく、納税者に対して申し訳ないとは思わない?

職権濫用以外の何ものでもない。
恥知らず、ここに極まる。それでも、公務員だから辞める必要なし。処分すら無し。

その息子も、何もない顔して「社会復帰」して、父親かその同僚のコネで順風満帆な人生を送るんだろうな……。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090605-00000068-sph-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090604-00000550-san-soci

■無免許運転を12年続け、平然と教壇に立つ公立中学の教員

長野県波田町立波田中学校の39歳の教諭。無免許運転が発覚した後も、なんら処分はなく、そのまま教壇の上から生徒を睥睨していたんだから、笑ってしまう。

長野県波田町教育委員会の木下保雄教育長は語る。「3年生の学級担任で、進路指導をしていたので、生徒に動揺を与えないようにと考えた」だって? 本音は? 騒ぎが大きくならなければ、それで良し、だろ?

弱い部分があった? 3月から病気療養中? 笑うしかない。公務員特有の仮病を使って、ホトボリさめた頃に職場復帰? 税金泥棒の自覚ある?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090613-00000033-yom-soci

■友人から聞いた噂
古い話。東大阪市のある職員は「お上」の地位を実感しているかのように、民間業者にキツクあたる。彼の豪語するには「税金で家を建てたぞ」。同僚は何も言わないらしい。おいしい汁を吸うと、みんなで赤信号を渡る?

■別の友人の友人=札幌市役所勤務の女性から聞いた噂
札幌市水道局の職員。自分たちがしていた仕事を「合理化」により、民間に委託されたとのこと。これを「俺たちは仕事をしてはいけない」と解釈したそうで、昼間はやることが無く、ペンや鉛筆を机に叩き、ただただ17時になるのを「ひたすら待っている」。
夜間? 合理化前と変わらない高給で、飲み明かす。
合理化って、何?

■行きつけの店で聞いた話
神戸市職員、38歳のバスの運転手は年収1,000万円。このたびの「合理化」により、職種が一般事務員に変更され「年収が800万円に下がった!」と憤慨していたそうな。
で、合理化って、何?
(民間バス運転手は平均600万円、らしい。)

■僕が実体験した話1
とある関東地方の○○公社。いわゆる「みなし公務員」。
午後1時にアポを取り、スーツにネクタイで出向いた。相手はついたての奥から、少し待てと言う。首を伸ばして見ると、こちらに背を向け、なんと「将棋」をしていた。昼休みは終わってるぞ!
待つこと10分。「お待たせしました」(本当に!) で、将棋盤を片付けるのは、女性のお茶くみ事務員。彼女も「みなし公務員」様だ。あなたたちのようなエライ方々にお茶を出していただき、ありがたき幸せです!

■僕が実体験した話2
こちらも関東地方。△△公社の出先事務所。当然「みなし公務員」。
午後4時に出向く。狭い事務所は所長、副所長、事務員の女性。所長の机には書類の束。女性の机上には何もない。副所長の机上にも何もなく、図書館で借りた本が1冊だけ。
お詫びの報告開始。応対する年配の所長は人の良い感じ。他の二人は知らんぷり。副所長は図書館の本を一生懸命読んでいる。30分後も、やはり本を読んでいる。勤務時間中だよね? えっ? それも仕事のうち? そうでしたか。失礼しました。

自民党に替えて、民主党を政権に据えるか。
……公務員が支持基盤の一部を占める政党だ? ダメじゃん。

こうなったら、幸福実現党にでも投票するか。(笑)
戦後憲法停止。「太陽の法」が新日本国憲法?(笑)

右を向いても、左を向いても闇ばかり!

今年2009年は数え42歳(いやだなぁ)。
本厄に当たるので、多井畑厄除八幡宮へお払いに行ってきた。(2009年1月18日)

小学生時代からの友人3人、駐車場から歩く、歩く。まだ30代前半で通用するのになぁ。
神社へ向かう道路は大渋滞。JR須磨駅と神戸市営地下鉄名谷駅から臨時バスが出ていたが、どの便も満員だ。

初日の今日は日曜日であり、人でごった返していた。境内への階段を上るのに20分。"きとう"を申し込んで、神殿の中で待つこと15分。50人以上が集められ、座席がいっぱいで立たされて、垂れた頭(僕は腕組みしていたが)に神社の棒(?)がわずか2秒動かされ、祈祷師に全員の名前を読み上げられて……。これでおしまい。
祈祷料は七千円。高いなぁ!

同年齢の野郎ばかりと思っていたが、60代の人と30代前半の女性が多かった。意想外。

駐車場への帰り道、さらに人が増えて入場制限をしていた。さらに小雨が降ってきた。最悪のタイミングは逃れたわけで、まぁ良しとしよう。

[神戸・須磨]多井畑厄除八幡宮
日本最古の厄除けの霊地

多井畑厄除八幡宮は、多井畑の厄神さんの愛称で親しまれています。
現在の兵庫県神戸市須磨に配流された在原行平や、一の谷の合戦の際には源義経が祈願したといわれており、日本最古の厄除けの霊地と伝えられている神戸の厄神さんです。
770年(神護景雲4年)6月に疫病が大流行し、それを鎮めるために五畿内(大和、山城、河内、摂津、和泉)の国境10ヶ所に疫神を祀り、疫祓いが行われました。多井畑厄除八幡宮は古山陽道の摂津と播磨国の国境に位置していたため、その一つとして疫神が祀られたと伝えられています。
毎年1月18日から20日の3日間に渡って厄除祭が行われ、厄年のお祓いや疫病退散、病気平癒の祈願と厄除けに多くの参拝者で賑わいます。
(公式HPより引用)

http://www.tainohatayakuyokehachimangu.or.jp/

2008年の"もんちほし"卓上カレンダーがお気に入りで、2009年版を買いに東急ハンズ三宮店へ出向いたのだが……無い!
で、代わりに購入したのは"ムーミンカレンダー"(笑) こういうのもアリでしょう。
でも、あきらめきれないなぁ。
(心斎橋店まで出向く気はしないが。)

で、元町で北欧製品を扱う店"DENMARK SHOP"に入る。ムーミングッズもたくさんです。勢いで"スナフキン"ミニメモを購入。今年はこの路線かな?

"もんちほし"イラストのページ
http://monchihoshi.net/illust.htm

DENMARK SHOP
http://www.rakuten.ne.jp/gold/inwear/

大丸神戸店1階のカフェテラス、"カフェラ"に席を取る。この店は何度もマスコミで取り上げられて気になっていたのだが、初めて入店することができた。
憧れのテラス席は、喫煙席だったんですね。で、全席禁煙の店内席へ。室内の装飾が……なるほど、本場ミラノのスタイルか!
天野こずえ "ARIA"に登場するカフェ・フロリアンを思い出したぞ。(あっちはヴェネツィアだけど。)

お、新春限定メニューとな。ハート型のクリームの上にチョコで描かれた"2009"の文字。カップの下には金色のめでたい敷き紙。そしてカプチーノは美味だ!
(写真を撮れば良かったな。)
ここは世界大会で優勝した女性バリスタ(エスプレッソ職人)のいる店。店員の士気(?)は高く、繁盛している。

テラス席では、ひとりの若い女性がアイボリーのロングコートを羽織ったまま、通路側に向けてカップを手にし……絵になっているなぁ!
なるほど、藤原紀香や三浦カズが来店するわけだ。

カフェラ:21時まで営業中!
http://www.ucc.co.jp/cgi-bin/shop/shop.cgi?id=160

で、今年はじめての買い物として、通勤カバンを新調した。
・JEFF BANKS モデル371503、ネイビー
“Revolution”ではなく“Evolution”
JEFF BANKSが提案するのは決して時代の最先端のファッションでも、トラディッショナルなものを否定する“革新的”なファッションもない。
むしろ、トラディッショナルな要素の中の目に見えない部分(例えばスーツの裏生地にネクタイの裏生地を使ってみたりと英国人ならではの遊び心) 「Sence of Humour( センス オブ ユーモア)」を加味していく、いわばトラッドの進化形である。
シーンはオンビジネス。
ビジネスという社会的制約のあるシーンの中で、無理のない投資でセンスあるおしゃれを楽しめるブランド、これがJEFF BANKSの目指すブランド像である。
http://www.iketei.co.jp/より引用)

これで、黒いコートにベージュ色の夏用カバン肩掛けなんて"ダサスタイル"から解放されるゾ。

夜はいつものメンバーと新年会。新しいメンバー(幹事の嫁さん)も加わり、おめでとう。
……またまた飲み過ぎて、二日酔いだ。

会社の技術研修所へ講習を受けに来ている。
宿泊施設のカーテンを開くと、真正面に名古屋ドームだ!
テレビもラジオもインターネットも無し。この特異な環境で過ごす、ちょっとした非日常を楽しんでいる。

M5ish0035_3

夜、ベルギー産ヒューガルデン・ホワイトを試した。ビンの底に沈んだビール酵母をお好みに応じて混ぜるのか。うん、旨いぞ。ほど好い濁りも苦味に寄与しているようで、後味も爽快だ。

三日間の講習も明日で終わり。帰り道には味噌カツでも味わうか!

このページのトップヘ