男ひとり旅の美学

33の国と地域、南極を含む七大陸を踏破! 海外旅行歴28回の「旅の恥は書き捨て」です。愛車BMW M3と読書感想文も。

日記・コラム・つぶやき

会社の技術研修所へ講習を受けに来ている。
宿泊施設のカーテンを開くと、真正面に名古屋ドームだ!
テレビもラジオもインターネットも無し。この特異な環境で過ごす、ちょっとした非日常を楽しんでいる。

M5ish0035_3

夜、ベルギー産ヒューガルデン・ホワイトを試した。ビンの底に沈んだビール酵母をお好みに応じて混ぜるのか。うん、旨いぞ。ほど好い濁りも苦味に寄与しているようで、後味も爽快だ。

三日間の講習も明日で終わり。帰り道には味噌カツでも味わうか!

生涯最初の人間ドック。初めて内視鏡検査にトライした。(2008年5月7日)
のどの局部麻酔の後、左肩に注射。左半身を下に横になり、口にカメラ・アダプタ(?)をくわえる。
以前、テレビで「穴の開いたおしゃぶりをくわえた、胃ガン検査を受ける間抜け顔の男」を見たが、同じ姿になったのか。
いよいよカメラを飲み込む。技術が進んで細くなったらしいが、どう見ても極太じゃないか!

「目を閉じると余計な力が入るから、目の前のモニタを見て!」さいですか……。
目の前のモニタ画面には、カメラ映像が映される。のどを超える際に違和感が生じ、食道をズルズルと下降する感じはイヤなもんだ。
「これが十二指腸……、胃の中です……この黄色いのはさっきの薬……はい、奥に当てるので膨張感がありますよ……」胃の奥を棒で押される感じだ。うむ~。

左目からは涙がこぼれ、口に長いパイプをくわえ、両足を曲げて寝ころぶ男。なんとも、情けない姿だ。

苦しさに慣れる頃には検査終了で、ズルズルと引き抜かれてゆく。
「ハイ、おつかれさん。きれいなもんですよ」
たしかに、ピンク色のきれいな内部を見て、安心はできたが……。毎年受ける気がしなくなったなぁ……。
これを機に、健康的な生活を心掛けるか!(たぶん三日と続くまい。)

大混乱!春の陣!ストップ血税ムダ遣い 国民の怒り!!3時間SP
(テレビ朝日のHPから引用します。)
今夜は年度末恒例のタックル3時間スペシャルで、初登場のやんちゃな姫、姫井由美子議員を始め総勢17名の豪華ゲストが出演。第1部で福田総理と困った仲間達の秘蔵ハプニング映像をお蔵出しする他、たけしが下町の工場や商店街を突撃取材、格差社会に鋭く斬り込みます!
他方、「止まらない学力低下」「食の安全と消費者庁」「官僚天下り」「防衛省問題」など、福田内閣の頭痛のタネに関して激論が展開。学力による階層社会がすぐそこに!?消費者庁の実現で新たな利権が!?日銀総裁は一体誰になればみんな納得!?
そしてお待ちかね「痛快永田町時代劇」では、平沢、大村、原口の各議員に加え姫井議員も迫真の演技で、永田町時代劇史上最高の出来映えとの呼び声も。絶対見逃せません!!
http://www.tv-asahi.co.jp/tvtackle/

いつもより1時間早く帰宅して、夕食がてらTVタックルを見ていたら……
やってくれました! 「永田町時代劇」
国会答弁やインタビューでの失言やオモシロ発言を、そのまま時代劇に取り入れ、かつ、各政治家のポジションをわかりやすく示す辺りが、真骨頂ですね。
でも、麻生太郎氏の特徴は……少しひどいなぁ。

しかし、道路に限らず、特定財源はひどいなぁ。これじゃ公務員は遊んで暮らせるわけだ。

いまの時代、生放送を見逃しても、すぐにYouTubeにUPされる。便利な世の中になったもんだ!
(21:21現在、まだuploadされていない。ニコニコ動画にもなかった。)

ラサで新たな大規模デモ=「数千人参加」-チベット亡命政府
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080330-00000006-jij-int
「インド北部ダラムサラに拠点を置くチベット亡命政府は29日、中国チベット自治区ラサで現地時間同日午後2時ごろ、数千人規模のデモが発生したと発表した。14日の暴動が中国当局に鎮圧されて以来、ラサでの大規模デモが伝えられたのは初めて。
 亡命政府のウェブサイトに掲載された声明によると、デモはラサ中心部にあるラモチェ寺前のほか、近くのジョカン寺(大昭寺)前などでも行われ、数千人が参加した。中国当局は装甲車両や戦車を投入してデモを強制的に阻止したという」

1989年の暴動はラサのみ。今回は周辺の省に拡がり、衰える気配を見せない。89年と違うのは、ネットと携帯を駆使し、ダライ・ラマの穏健路線に従わない「行動派」が主導権を握る点だ。
携帯カメラで撮影した「警察による僧侶への暴行」記録動画が瞬時に米国のチベット支援団体のアドレスに送信され、すぐに世界中に公開される。
公開されないのは、当局が閲覧を制限する中華人民共和国内だけ。

オリンピック開催を前に予想されていたとはいえ、当局も手を焼いている様子。
しかし、片っ端から連行して拷問にかけ、組織を根絶やしにするんだろうなぁ。
国外組織の支援にも限界があるだろうし。
文化大革命じゃないけど、今回の活動が下火になり、オリンピックが終わって世界中の関心が低くなれば、本格的に「チベット民族に対する教育」が行われるんだろうなぁ。
他力本願みたいで気が引けるが、次のアメリカ大統領はどう中国に対峙するのだろう。自国の経済危機を救うため、宥和政策を進めるのだろうか。そうなれば、チベット自治区のチベット人は、湾岸戦争後のイラク・クルド族みたいに見捨てられるのは確実。
哀れ。合掌。

地図ソフトを勝手にネット公開 兵庫の警官書類送検へ
http://www.kobe-np.co.jp/knews/0000888273.shtml

兵庫県警の現職男性警官が、住宅地図大手ゼンリン(北九州市)の地図ソフトをインターネット上で勝手に無料公開していたとして、福岡県警は24日、著作権法違反の疑いで、この警官を同日中に書類送検する方針を固めた。
ほかに男1人も同じ容疑で書類送検する。
警官らは、ファイル交換ソフト「ウィニー」を使えば不特定多数がソフトを閲覧したりダウンロードしたりできる状態にしていた。福岡県警は「悪質な著作権侵害行為」とみている。
関係者によると、警官は30代の巡査。兵庫県警の捜査2課などに在籍した。以前ゼンリンの地図ソフトを購入し使用していたが、使用期限が切れ、ウィニーを使ってソフトを無料入手した後、誰もが自由にダウンロードできる状態にしたとみられている。
福岡県警はゼンリンから相談を受け、捜査を開始。コンピューターの通信履歴を分析して警官の住所を割り出し、今月上旬に自宅を家宅捜索していた。

書類送検ってなんだ?
広辞苑第五版(古い)によると……
「司法警察員から検察官に捜査書類および証拠物のみを送付すること」
つまり、身柄はフリー、ってこと?
警察官が、別の所轄の警察官を捜査するんだから、遠慮しがち?
自組織の恥は、なるべく穏便に済ませるのか?
それとも、美しき礼儀ってヤツですか?
これが民間人なら容赦なく逮捕なんだろうな。

海上自衛隊「あたご」の所業を思い出したぞ。報道が下火になり、よくわからん「処分」で一件落着にされた(もはや過去形)事件だ。
国民を護るはずの自衛隊が、自らの職務怠慢により、罪のない民間人(漁船の親子)を殺害した、例の事件だ。(マスコミは事故と呼ぶが、これは事件でしょう!)

交通事故を起こすと代用監獄に監禁され、そのうち刑務所に招待されるのが常だ。
それが、眠たかったからなのか、それとも面倒くさかったからなのかはしらんが、前方不注意で国民を殺害しておきながら、誰も刑事告発されないのは何故なのか?
処分の内容は? 「減給数ヶ月」って何の冗談だ???

それとも、僕が勘違いしているのだろうか?
こんな声が聞こえてきそうだ……。
「自衛隊は国民を護るのではない。"国"を護る組織である。
 彼らは自衛隊=防衛省=国を護ったのだかから、よくやった。なんら問題ない。
 うるさい国民どもへの対応? とりあえず、綱紀粛正とでも言っておけ!」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080108-00000034-nnp-l40

市民に範を示すべき市役所職員が、あろうことか飲酒を重ね、「夜の繁華街で女性をナンパする」ために、時速100キロで鉄のかたまりであるセダンをぶっ飛ばす。これは判決の材料にはならないらしい。
人間が五人も乗った乗用車を川に突き落とし、その場で救援活動を行うことなく、応援を外部に頼むこともなく、「公務員の身分がばれるのが怖くて」逃走し、夫婦が最愛の幼子の絶命するのを目の当たりにし、悲しみのどん底に沈む間、運転を他人に代わってもらい、ほとぼりが冷めた頃にノコノコ現れる。
この行為が「酩酊状態でなく、自己判断できる」と裁判官には映ったらしい。
それになんだ? 飲酒運転ではなく、酒気帯び運転だったから? 危険運転致死傷罪は科せられない?
そのそも12月18日に、福岡地裁から福岡地検に「危険運転致死傷罪から、業務上過失致死傷罪」への訴因変更命令が下されたそうな。
で、求刑25年に対し、判決は7年半の懲役ときた。殺人者である今林大氏は、7年後にはキレイな身になって、晴れて釈放される。
これが、わが日本の法治制度の実態か!

判決後に吹き荒れるであろう俗世間からの非難や、批判めいた報道、何よりも「人の命の重さ」よりも、神聖な法律の厳密な解釈にこだわった川口宰護裁判長。あなたはすばらしい裁判官だ。同僚の裁判所職員や、あなたの家族が同じ被害に遭ったとしても、同じ判決を下すのだろうから。いやぁ本当、裁判官の鏡だわ。
……人として失格でなかったかどうかは、寿命を全うするそのときに考えるのだろうか。

暑い。この1週間の暑さは困りものだ。
和室のエアコンが古くなり(15年前のもの?)、6畳と4畳半の続き間を冷やすのに能力不足な様子なので、思い切って買い換えた。
いつものミドリ電化大蔵谷店で昨日、購入した。担当は土岐さん。取り付け工事込みで8万円ポッキリにしてくれた。決算セール品8万円に下取り処分費5千円を足しての値引きだから、まぁまぁだろう。
選んだのはビーバーエアコン。Z-E4Iシリーズ。三菱重工業の数少ないコンシューマー向け製品だ。他社が内部清掃機能等に力を入れている中、急速冷却機能等の基本性能に磨きをかけたブランドだ。信頼度も高い(と信じたい)。
本日15時より取り付け工事開始。古いエアコン(シャープ)を取り外し、ダクトを利用しての取り付けだから、スムーズに工事は進んだ。しかし、室外機はでかくなったなぁ。2年前に取り付けた2台よりもデカくなってる。(実は自分の部屋と台所のエアコンもビーバーだ。)
「環境対応コンプレッサーを使うために大きくなった」って本当か? Rohs指令対応なのは当たり前として……。
ちなみに、施工はミドリ電化下請けの電気工事屋だが……。う~ん。説明にしろ、客の話を聞く態度にしろ、接客態度が良くないなぁ。ヤマダ電機に客を取られるよ!
(ドレンホースの排水処理のことで、少しもめた。「説明し、注意した。後は客の責任だ」って……。まぁ下請けだから仕方ないだろうけど、その言い方がなっていない。)

このビーバーエアコン、いつものJET機能とワープ機能はお気に入りだ。リモコンもまぁ、使いやすい。この辺、PRが全然足りないんじゃないの? 三菱重工らしいと言えばそれまでなんだが。
夕方になると風が出てきた。雷、そして夕立だ。
……急に涼しくなりやがって!

地元の陸上自衛隊・第三師団の本拠地でイベントが開催されることを知り、行ってきた。
(第3師団創立46周年および千僧駐屯地創立56周年記念行事。平成19年5月13日開催)
兵庫県は伊丹市、JR伊丹駅からシャトルバス(阪急伊丹駅経由)に乗り、15分足らずで駐屯地へ。
夏のような暑さなので、まずは缶コーヒーでのどを潤わせることに。隣に立っていた、冬季制服にネクタイ姿の若い隊員さん(案内腕章付き)に話を聞くと、他の駐屯地から応援に駆り出されたとのこと。右胸の黒いネームプレートには「特科、情報中隊」と書かれている。なるほど、姫路からですか。どうもお疲れさまです。
この駐屯地は国道171号線を挟み、二カ所の敷地に分かれているようだ。歩道橋を渡って装備品展示場へ。
午後からゆっくりと入ったので、部隊観閲式と訓練展示は見られなかったが、主要装備を間近で見ることができた。

[装備品展示]
まずは装甲車。イラク派遣でおなじみのヤツだ。
74式戦車には人の山が……。大人気です。
「90式は入れないのか?」と質問する年配の男性に、若い隊員さんは「重いので……」と。妥当な回答かな。50トンを超える90式ではなく、より軽量化されるハズの新型戦車の導入が待たれるところだ。
化学防護車の噴霧ノズルを実際に持たせてもらった。なるほど、完全装備でこれを操作するのは大変だ。
気象観測車(?)なんてのもあった。「初めて見た」と言うと、迷彩服の30後半の隊員さんから「今年導入されたばかりの装備で、あまり知られていない」との回答。なるほど。

車両展示は数が多く、十分に楽しめた。何より印象に残ったのは、展示を囲むように、装甲車とトラックが走るデモンストレーションだ。砂塵を蹴り上げて走る姿は迫力がある。
迫力と言えば戦車だ。排気音=爆音がこれほどスゴイとは、初めて知った。
写真は後日。

[パネル展示]
期待していたのだが……。
一昨年に訪れた青野ヶ原駐屯地では、イラク派遣時の活動や国際支援活動に関する具体的でわかりやすい説明があったから、同様のレベルの展示を期待していた。
今回は、2006年度の主要行事と実弾射撃のビデオ再生のみで、他にこれといったものはなかった。地元住民の理解を深めるまたとないチャンスなのに、これではなぁ。

たとえば、師団長や連隊長の顔写真と、方針や訓示を掲げてはどうだろうか。最高幹部の姿勢がそのまま部隊の姿でもあるし、精強かつ誠実な自衛隊の姿をを印象付けられると思う。
また、「現場の隊員の実力」を知らしめる良いチャンスなのだから、防衛省から支給されるメーカ製造の装備品=自らの道具に対し、どのような工夫を施し、改善を提案・実施してきたのか等の説明展示があれば良いと思う。

勝手なことを書いたが、来年も行くぞ!
なんせ、女性自衛官は美人ばかり!

兵庫県の明石更新センター。前回の日曜と異なり、平日だけあって比較的空いていた。
システムも改善されたようだ。
例の悪評高い「兵庫県交通安全協会」への勧誘が事実上、無くなったぞ!
「安全協会入会申し込み窓口」なる場所が新たに設けられ、免許更新申請窓口では「良かったら安全協会への加入をお願いします」と言われて薄いパンフレットを渡されただけ。
5年前は半ば強引とも言える「入るべきです!」の口調だったのに。
やはりマスコミで叩かれた影響は大きいな!
(交通安全の役に立てると言いつつ、そ割合は支払額の4割未満。実際には更新センター職員の人件費と、県警天下り職員の飲み食いに費やされていたそうな。加入を拒む更新者には嫌がらせが行われたとも報道されていた。毎日放送"報道特集"さんのおかげですね!)

それにしても優良ドライバーへの講習は……。交通事故防止のためのビデオ閲覧、道路交通法規の大きな変更点が解説されるなど、前回の「ただ掲示物を見て回って終わり」よりは改善されたのは良しとしよう。講師の方は自己満足のひとり語りではなく、もっとわかりやすく話をするべきです。
僕は同じ早口人間としてよく理解できたが、大勢を占める女性、特におばちゃんにはわかりにくかったことでしょう。
まぁ、これで5年間は安泰です。

神戸新聞より
電力需要の長期低迷から、関西電力が現在運転を休止している高砂発電所(高砂市梅井)を二〇〇六年度上期にも廃止することが十三日、分かった。
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/0000006949.shtml

僕の家(JR朝霧駅の北の方)から明石と西明石方面を抜け、加古川、高砂へのドライブコースを快走するのが週末の楽しみでもあります。
加古川を渡るころ、天空に突きだした煙突からすべてを覆い隠すような濃密な灰色の煙がモクモクとはき出されるのを見るのは圧巻です。
時代の趨勢とは言え、これがなくなるのか……。寂しくなるなぁ。

無くなる前にじっくりと見ておこう。
(こう決意した週末に限って、突然の出張が入ったりするのです……)

↑このページのトップヘ