男ひとり旅の美学

[旅の恥は書き捨て]ってことで。あと、BMWと読書感想文も。

カテゴリ: - 501 アラブ首長国連邦

2018年2月11日、ドバイから長距離バスとタクシーに乗って、2017年11月にオープンしたばかりのルーヴル・アブダビを訪問した。

おお、灰色の鳥籠のようなドーム天井の独特のシルエットに、真っ白な四角い卵を抱えたような美術館。すばらしい外観は期待を膨らませてくれる。
DSCN3702
DSCN3704

入場チケットの代金は63Dhか(1,800円)。
ビジターマップは英語、フランス語、アラビア語の3種類のみ。

ここは「地球」と「キリスト教、イスラム教、仏教」と「世界中の文化」をフューチャーしたようで、内部空間の意匠も展示物も最高だった! ああ、言葉にならないや。

では、順に観て行こうか。展示室は大きく14に分かれている。
Introducution : Grand Vestibule
1.The First Villages
2.The First Great Powers
3.Civilisations and Empires
4.Universal Religions
5.Asian Trade Routes
6.From the Mediterranean to the Atlantic
Intersection : Cosmography
7.The World in Perspective
8.The Magnificence of the Court
9.A New Art of Living
10.A Modern World?
11.Challenging Modernity
12.A Global Stage

DSCN4074

総じての特徴は、東洋文化と西洋文化が対比ではなく、同列に扱われていることだな。

「Introducution : Grand Vestibule」では、床面に地名が散りばめられた宏大な空間に、年代と地域、文明を超えて、人類の共通文化を象徴する遺物が展示されている。水、死、表情(仮面)といったところか。

DSCN3712DSCN3709DSCN3718
DSCN3714
DSCN3713

「1.The First Villages」からは年代別の展示となるが、地域の枠を超えたグローバルな観点からの展示となっていたのが興味深かった。

DSCN3720
DSCN3726
DSCN3727
DSCN3739
DSCN3749
「4.Universal Religions」ではイエス像、聖母子像と聖書、コーラン、曼荼羅と仏像が並べられ、個々の宗教ではなく、そのユニバーサル性に着目させられる。

DSCN3751
DSCN3752
DSCN3754
DSCN3762
DSCN3770
DSCN3771
仏像もインドと中国ではこんなに違うんだな。
DSCN3776

このポーズと表情、いいなぁ。
DSCN3781

エンジェルって、何かイメージが違う。中世って……。
DSCN3784

「Intersection : Cosmography」では、安土桃山時代の屏風、東方貿易を象徴する絵画、16世紀の地球儀などが展示される。

DSCN3817
DSCN3820
DSCN3811
DSCN3808
おお、ダ・ヴィンチ!
DSCN3824

ティツアーノ!
DSCN3829

これは誰だろう?
DSCN3837

で、遠方に架けられた巨大な油絵は……。
DSCN3839

ここで、この中東の地で「アルプスを超えるナポレオン」に逢えるとは、夢にも思っていなかったぞ!
DSCN3841
DSCN3844

少量ながら武具もあり。日本と西洋の甲冑。
DSCN3860
DSCN3861

ルイ14世
DSCN3862

ジョージ・ワシントン
DSCN3866

「Japonism, a passion for Japan」と題して浮世絵と印象派を比較したコーナーもあった。
DSCN3880
DSCN3882

ゴーギャン
DSCN3878

マネ
DSCN3884
DSCN3891

掛け軸とアラビア絵画が併設される。良いじゃないか。
DSCN3864

生活様式の比較。

DSCN3849
DSCN3850
DSCN3853
DSCN3856
DSCN3865
DSCN3875
こっちは中国と西洋のファッションの比較か。
DSCN3848

モネ
DSCN3886

ドガ。数年前にオルセー美術館で観たぞ。
DSCN3888

ゴッホ
DSCN3893

「9.A New Art of Living」あたりから、20~21世紀の作品が展示される。
DSCN3895
DSCN3897

巨大なシャンデリア
DSCN3902

展示室を抜け出て、plazaにたたずむ。
DSCN3911

木洩れ日が実に心地よい空間だ。
DSCN3921

遅くなったが軽い昼食を。Museum Cafeでパスタとレモネードを注文。
120Dh(3,500円)だって? 「軽く死ねますね。」
DSCN3941
DSCN3943
DSCN3944

Boutiqueでお土産を物色。地元アーティスト作成の飾り絵としおりで、226Dhか。

実に良かったぞ!

プロムナードを歩き、海辺から美術館を俯瞰する。合格!
DSCN3951

「理念」を持つ美術館は素晴らしい!!

https://www.louvreabudhabi.ae/





■2018年2月11日(日) アブダビまで長距離バスの旅

7時起床。まだまだ眠いが体を起こし、テラスへ出て仰ぎ見ると、ブルジュ・カリファの銀色の雄姿。
ランドマーク・ビューのホテルは最高だ。

朝食はホテルのバイキングで。みんなよく食べる(ような)ので、負けてはいられない。
プールの前なので気持ち良い朝を過ごすことができた。
鳩もなつく(?)し。
DSCN3659
DSCN3660

8時55分にチェックアウト。22時まで荷物を預かってもらい、ホテルのリムジンで空港へ向かうこととなった。このリムジン利用料はホテル代金に含まれているのだ。

9時5分、タクシーに乗車。9時30分にアル・グバイバ・バスステーションに到着、40Dh。
DSCN3673

往復のバスチケットを購入。なるほど、バス料金(50Dh)の他に、強制的に交通カード(ノルカード:10Dh)を持たせるわけだな。

アブダビ行きのバス乗り場にゆくと、すでに長い行列が……、ああ、次のバスになってしまった。
(一旦バスに乗車するも、「満席」なので強制的に降車させられたのだ。2時間立つよりはマシか。ノルカードはきちんと清算してくれた。)
DSCN3669
DSCN3672

20分後の10時にバスに乗車。しかし、ずっと並んでいた男性よりも、女性とその家族が優先して乗車できるシステムらしく、復路でも結構揉めていた。

10時10分に出発。外気温は25℃なるも車内は寒く、長袖にして正解だった。
DSCN3681
DSCN3678

11時13分に国境をこえてアブダビ側に入る。ドバイにしろアブダビにしろ、近代都市なのは一部で、他は昔ながらの光景が広がっているように思えた。
DSCN3687

ドバイ市内で渋滞につかまったせいか、結局、アブダビ中央バスステーションに到着したのは12時28分だった(約2時間20分)。
復路は余裕を見て早めに乗車することにしよう。(これが正解だったと後でわかる。)

・都心部でも、マングローブの木が多い。
・あと、都心部は完全な車社会。歩行者はほとんどいない。
DSCN3686
DSCN3689

なんちゅう陽射しだ。サングラスと帽子は正解だった。

12時30分、バス停で待機しているタクシーに飛び乗る。あれ? 「ルーヴル・アブダビ」が通じないぞ? 英語を話せって? 失礼な。「ルーバー、アブダゥビ」でやっとわかってくれた……。

で、アブダビは広いエリアに観光地が点在しているようで、車(タクシー)なしではどうもこうも行かないようだ。
12時52分、やっと「ルーバー、アブダゥビ」に到着。40Dh。

■LOUVRE ABU DHABI ルーヴル・アブダビ

おお、灰色の鳥籠のようなドーム天井の独特のシルエットに、真っ白な四角い卵を抱えたような美術館。
ここは「地球」と「キリスト教、イスラム教、仏教」と「世界中の文化」をフューチャーしたようで、内部空間の意匠も展示物も最高だった! ああ、言葉にならないや。

詳細は「その4」に書きますね。
DSCN3952
DSCN3932

16時33分、タクシーに乗車し、次の目的地へ向かいます。


■Sheikh Zayed Grand Mosque シェイク・ザイード・グランド・モスク

16時56分、アラブ首長国連邦最大の「シェイク・ザイード・グランド・モスク」に到着。60Dh。
DSCN3963
DSCN4012

内部の見学には、履物を脱いで入るんだな
女性は体のラインを隠す服装に、頭部を覆うショールか。ムスリムの衣装(クフィーヤ?)をその場で借りて着用する女性も多かった。

DSCN3997
DSCN3982
DSCN3994
DSCN4000
DSCN4003
DSCN4020
コーランを聴きながら奥へと足を運ぶ。

DSCN4039
DSCN4040
ここは日本人も結構いるな。
それにしても、さすがは王国。この威容は圧倒的じゃないか。


■ドバイに戻ります。

18時10分にグランド・モスクを離れ、タクシーに乗車。
18時30分にアブダビ中央バスステーションに到着
水を買い求めると、なんと1Dh(30円)だ。
復路のバス代金はノルカードにチャージされているので直接バス乗り場へ。ここも行列。
DSCN4059

で、待つこと30分、腹立たしいことに僕の順番で「次のバスに」となった。女性客は次々と優先乗車しているのに……。
さらに待つこと30分、やっと、ついに、念願かなって19時33分にバスに乗車することができた。
3列シートは○だ。
19時42分、バスは発車。予定より1時間も遅れての出発だが、余裕を見込んでいたため、問題ない。
(立つのは疲れたが。)

21時30分、Al Jafiliaバス停に到着。ここはワールド・トレード・センター駅とADCB駅の中間で、ダウンタウン地区にもほど近い。待機タクシーに乗車。行き先はホテルだ。
21時45分にパレス・ダウンタウンに到着。30Dh。
少しゆっくりしたいなぁ。コンシェルジェに相談し、空港行きリムジンを22時30分から23時に変更してもらった。

小腹を満たすために1Fレストランへ。アラブ・バイキングで250Dh? やめておこう。
3Fのカフェ・バーへ。ラムケバブとハイネケン2本は相性が良い。(140Dh)
DSCN4063

ここからの夜景も良い感じ。
DSCN4061
DSCN4062

■帰国です

23時に荷物を受け取り、リムジン(往路と色違いのAUDI A8)に乗車。ビュンビュン飛ばしてくれたおかげで、23時20分にドバイ空港ターミナル3に到着した。
DSCN4064

復路はビジネスクラスも良いな。エミレーツのカウンターで差額を確認。23万円……僕にはエコノミーがお似合いです、

2月12日0時5分にチェックインし、25分に出国完了。
セキュリティチェックではバッグを持ったままゲートをくぐろうとして怒られた。疲れているのかな。
うん、シャワーを浴びることにしよう。
ホテルはエレベータをB*フロアへ上がり、さらに専用エレベータを上がったところにある。
そこのフロントを探すのに時間がかかり、結局、向かって左側のエリアにシャワールームのフロントがあった。(スタッフに連れて行ってもらった。)

代金は60Dh。あまり広くないシャワー室だが、着替えを置くには十分だ。
ここはバスタオルはあってもハンドタオルはないので、持参したタオルを使用することに。
歯ブラシはあっても、カップは無いんだな。
シャワーですっきり。着衣の上、ドライヤーのある部屋へ。なるほど、トレーニングジムもあるんだな。

免税店エリアでお土産を探す……大量のPatchiチョコレートに、これはデーツ(干しナツメヤシ)か。紅茶も。440Dh。

で、ゆっくりしすぎた。ゲートC11は限りなく遠い。早歩きで2時20分ギリギリ間に合った。もう搭乗が始まっている。
この人の多さ! ああ、また満席みたいだ。

2時30分にボーディングし、3時35分に離陸した。
すぐに夜モードか。

5時30分頃に朝食とビール、9時30分頃に昼食と白ワインをいただく。
復路は意外と早く感じるな。

なるほど、メッカのカーバ神殿の方角がディスプレイモニタに表示されるのは、中東航空機ならでは。
DSCN4066

往路は11時間30分だったが、復路は8時間の航空旅行となったが、なるほど、ルートが異なるんだな。
DSCN3443
DSCN4069

11時25分、降下開始。11時(16時)44分ランディング。とにかく、無事に帰ってこられたことに感謝。

17時15分に入国。
・両替:残金1,050Dhから26,198円か。
・コインロッカーに預けた冬服を取り出す。追加料金900円。
・夕食は塩ラーメン。1,050円。
 『ラーメン大好き小泉さん』の影響で、ラーメンを食す機会が増えたのだ。

http://ramen-koizumi.com/
関西国際空港は圧倒的に中国人が多い。ウェルカムだ。

18時15分に神戸・三宮行きバスは発車。今日は空いている。
三ノ宮を経由して、20時過ぎに自宅へ戻る。

これで弾丸旅行は終了です。
最後まで拙文にお付き合いくださり、شكرا جزيلا لك!
نهاية

ドバイ (タビトモ)
ジェイティビィパブリッシング
2017-12-07



■オールド・ドバイ

歴史保存地区から北西へ向かい、ドバイ博物館の前を行く。時間の都合から入場は見合わせた。ドバイ・オールド・スークを抜け、Bur Dubaiの船着き場へ到着。出港しそうだったので慌てて乗船。
DSCN3543
DSCN3544

この木造渡し船(アブラ)は、クリーク(水路)で分割されるバール・ドバイ地区とデイラ地区とを結ぶ庶民的な公共交通で、料金はわずか1Dh(30円)。
DSCN3546
DSCN3549
DSCN3557

10分弱の面白い船旅となった。
対岸のカフェでマンゴージュースを注文(13Dh)。15時10分。小休止。

テキスタイル・スークで土産物を物色。ランプ型の置物(40Dh)とカシミア・ショール(100Dh)を買った。値切り交渉は楽しいが、なかなか難しいもある。
続いてゴールド・スークを見学、と。おお、輝かしいな。
DSCN3562
DSCN3565

金なんて買えないよ……。


■ドバイ・モール、ファウンテン・ショー

さて、戻ろうか。……メトロ・ステーションは遠方にある。これは不便だ。
Al Ras駅の自販機を操作するも「釣銭切れ」だと? 窓口でBurj Khalifa/Dubai mall駅までの切符を購入(2区間らしく料金は8Dh)。
15時45分、メトロに乗車。なるほど、車内での飲食(ガムもだめ)は罰金なのですね。
レッド・ラインに乗り換えて16時5分、Burj Khalifa/Dubai mall駅に到着。

ドバイ・モールまでの長い長い通路を取り抜けると、朝とは打って変わってドバイ・モール内はスゴイ人混みだ。ブルジュ・カリファを眺めつつ、ホテルに戻る。
DSCN3572

時刻は16時44分、気温は22℃……プールはやめておこう。

代わりといっては何だが、人工湖を望むプールサイドのバーで疲れた体を癒すことにした。ハイネケン2本を注文。「パレス・ルーム」特典のディスカウントでも75Dhか……。

さて、散歩を再開しよう。
18時よりファウンテン・ショーが始まった。もっと壮大なのを期待していたのだが、予想の範囲内だった。
DSCN3585

世界最大のドバイ・モールを歩く。広い、そして高い。
これまた世界最大のアクリルパネルを誇る水族園の外観を見る。一部は買い物客に公開されていて、十分に愉しむことができた。
DSCN3615

スターバックス・コーヒーはアラビア語でこう書くのか。
DSCN3608

世界最大の屋内スークに入り、アラビア・コーヒーとDateデート・プディングを注文。う~ん、53Dhもするわりには、美味とは言えないなぁ。
DSCN3610
DSCN3613

19時45分にドバイ・モールを退出。人が多い!
20時のファウンテン・ショーはビートが効いて、結構良かった。
DSCN3622

この瞬間、歓声が上がった。
DSCN3623
ホテルの部屋へ戻る。夕食はルームサービスにした。
アラビアン・グリルとスープとビールだけを注文したのだが、なんだ、この量は。
結局、半分近く残すハメとなった。
DSCN3651

23時のラスト・ショーまで、ビール瓶を片手にファウンテン・ショーを見続けた。
ホテルの自室「パレス・ルーム、ファウンテンビュー」からは、ファウンテン・ショーの水流の半分が見えるといったところか。
DSCN3633
DSCN3637
DSCN3646

それよりもブルジュ・カリファを見上げることができるのが嬉しい。
DSCN3656

明日はアブダビだ。音楽を聴いて寝ます。

アラブの夢は続きます。


かつての真珠養殖の村から、いまや数々の世界一を誇る超近代都市に変貌し、さらに成長をつづけるドバイ。それに負けじと伝統と近代の両面から魅力を振りまくアブダビ。「世界一」の確認と「ルーヴル・アブダビ」鑑賞を主眼に、1泊4日の弾丸旅行がはじまる。


旅のテーマは次の三つだ。
■”世界一”を揃えた超近代都市、ドバイの姿を目に焼き付ける。
■ルーヴル・アブダビをよく観て愉しむ。
■シェイク・ザイード・グランド・モスクの威容と内部をよく見る。


【参考データ】
往路便
 2018年2月9日(金) 関西国際空港23時35分発EK317便、ドバイ行き
復路便
 2018年2月12日(月) ドバイ国際空港3時5分発EK316便、関西国際空港行き

ドバイ宿泊先:Palace Downtown(パレス・ダウンタウン:1泊)


■2018年2月9日(金) 仕事帰りの海外行は初めてです。

18時10分で退社。JR元町駅近傍の天下一品で日本最後の食事となるラーメンを食し、バス乗り場へ。
19時20分、JR三ノ宮駅から関西国際空港行きバスに乗車。夜は空いているんだな。

20時22分に空港へ到着。すぐにチェックインを行う。
海外旅行保険はいつもの3千万円コースだが、取扱会社が変わって5960円に値上げされた。
80,252円を2,350ディルハム(Dh)へ両替。

コインロッカーを探す。2Fに空きがあったのでセーターなどの冬装備を脱いで放り込む。(300円/日)

21時45分、出国完了。時間があるのでカフェでビールとソーセージを食す(1,490円)。
22時40分ギリギリにに28番ゲートへ出向くと、ああ、人でいっぱいだ。
DSCN3438


55分にボーディング。夜間飛行なので通路側の座席にしたのは良いが、恐怖の10列シートで狭い777-300Eのエコノミークラス座席は、たちまち満席となった。
23時46分にtake off。10時間25分の空旅が始まった。

天井には星が灯され、機内はすぐに夜間モードに。
しまった、キャリーケースからスリッパを出し損ねた。この狭い機内ではどうにもならない。トホホ……。

24時50分に夕食が出る。さらに太るじゃないか。
DSCN3439


しかし、眠れない。ウォークマンZX100で"少し"音楽を聴こうか。
……"少し"のはずが、延々と聴き続けて朝になってしまった。

2月10日8時10分、パキスタン上空に達した。外気温は-56℃。

8時17分に朝モードの照明に遷移。朝食だ。うどんはまぁまぁ。
9時7分にイラン上空に入る。ぐるっと回ってドバイへ向かうんだな。約7,600キロのフライトも終盤だ。
DSCN3443

エミレーツ航空は初めてだが、エコノミーでもアメニティグッズが配られるんだな。耳栓にソックスにアイマスク。歯ブラシと歯磨きペーストはありがたい。

10時25分(5時25分)にランディング。ドバイ国際空港の外気温は16℃か。
バスでターミナルビルへ向かう。ザグレブ、マルタ・キプロス、ロンドン
……乗り継ぎ客が多い。5時58分に到着。まぁ、立派な空港だ。
6時10分に入国完了。スタンプの文字がアラビア語なのが新鮮。

NTTドコモの海外ローミングを有効にすると……おや、ドバイからの着信が1件。ホテルの出迎えだな。

送迎車はAUDI A8。静かさと力強さの融合が魅力的で、僕のBMW 330eとは比較にならない高級車だ。

早朝のドバイは一面の濃霧のため、実に視界悪し。10時からブルジュ・カリファの展望台を予約している。香港のヴィクトリア・ピーク観光のように、何も見えないなんて結果にならないだろうかと少し不安になる。(杞憂に終わる。)

アラブ首長国連邦は左ハンドル車、右側通行なんだな。km表記は親しみあってわかりやすい。

6時40分にホテルへ到着。五つ星だけあって外観からして豪華だ。
出迎えのホテルマンとドライバーへのチップに50Dhも費やした。

チェックインが早いので、翌日のチェックアウト時間が心配になる。訊くと「9時チェックアウト」だという。これなら問題ない。
今回は、パレスホテルの「パレス・ルーム、ファウンテンビュー」を予約したので、空港往復送迎と24時間チェックインが可能となったのだ。

フロントは3F、主要レストランとプールは1F、僕の部屋は2Fとなる。255号室は、おお、人工湖の真ん前だ。
ポーターへのチップ20Dh×2人。(1人で十分なのに、何故2人も……。)
DSCN3447DSCN3448

霧が晴れるまで待とうか。
まだ時間が早いので、シャワーを堪能する。湯の量も温度も申し分ない。

ベランダへ出ると、ブルジュ・カリファが良く見える、歓喜!
DSCN3459

ホテルも部屋も実に良い。
DSCN3668

……ここまでは良かったのだが、ミニバーのビール(ハイネケン)の値段をよく見ると、50Dh(1,500円)!
さすがはイスラム圏、禁酒の国だ……。
結局は、滞在中にこの50Dhビールを何本も注文することとなる。
そして、何もかも物価が高いことを肌で感じるようになる。

■ブルジュ・カリファ!

さて、ホテルを出ようか。ホテル正面近くから見ても、ブルジュ・カリファの存在感は群を抜いている。
DSCN3461
DSCN3462

ホテルの敷地から、開店準備中のスーク・アル・バハールを通り抜け、歩くこと15分、ドバイモールの地下一階に「AT THE TOP BURJ KHALIFA」の入場口は存在する。

9時50分に到着。意外と人は少ない。窓口でオンライン予約チケット(140Dh、印刷した)を見せると、すぐに展望台へのチケットをもらえた。
このスマートなやり取りは実に良い。

エレベ-タに乗って124階へ。そのまま屋外展望台へ。地上452メートルの展望台からは、発展の余地の十分に残されている超近代都市の姿を一望できた。
DSCN3480
DSCN3483
DSCN3484

階段を昇る。125階は人が少ない。
真下に、僕の宿泊するホテル「パレス・ダウンタウン」が見える。
DSCN3495

郊外の開発はこれからだな。
DSCN3497

11時40分にエレベータで階下へ。入場・出場時の通路にはブルジュ・カリファの建築の歴史、建築に携わった人物等の展示が行われているが、ここに日本の影は皆無だ。寂しい。

■バスタキヤ歴史保存地区

さて、メトロ・ステーションへ向かおうか。
ドバイ・モールを2階へ上がると、紀伊国屋がある。その向かい側にメトロへの通路が開かれているが、その距離800メートル以上。結構歩かされる。
DSCN3513

メトロのBurj Khalifa/Dubai mall駅に到着したのが12時5分。自販機でAl Fahidi駅までの切符を購入。ノル・レッド・チケットで6Dh。
ホームへ上る。安全のために軌道とホームは完全に分離され、車輌到着時のみドアが開くようになっている。この辺は北京も大連も同じだった。新興国のインフラが先進国のそれを追い抜く……日本のインフラ整備の刷新が待ち望まれる。
12時20分、Rashidiya行き列車が滑り込んでくる。車内は結構混雑しており、立ち位置を確保するのが精いっぱいだ。
車内の揺れは少ないし、アナウンスもわかりやすい。車窓からビル群を眺める。
BurJuman駅でレッド・ラインからグリーン・ラインに乗り換える。
12時40分、Al Fahidi駅に到着。で、どこから地上へ出るのか? ホームの地図は不親切なので、ガイドブックと照らし合わせながら、3番/4番出口から出るものと判断する。

D90 Al Musallah Rd.を東へ歩く、歩く。この辺りは観光地らしくなく、まだまだ発展途上といった感じだ。
10分ほど歩くとロータリーが見えてきた。これを横断すれば、Al Bastakiyaバスタキヤ歴史保存地区だ。
DSCN3514

ここはドバイ発祥の地とされ、アラブらしい外観を有する建築物が数多く残されている。小規模なギャラリーが実に多い。
細い路地をくねくねと往くと、あった! 目的地のひとつ、アラブ料理レストラン「バスタキヤ・ナイツ」だ。
DSCN3522

「写真撮影だけ」の観光客が多いらしく、店員が制止していた。当然、ランチ客は歓迎される。中庭に通されると、そこはアラビアンな調度品に満ち溢れた空間だ。
DSCN3519
DSCN3520
DSCN3525

中庭のテーブルに着席し、スープとケバブとドリンクを注文する。
ラム肉のケバブは実にジューシー。チキンのケバブはまぁまぁ。長いライスにはサフランが散りばめられ、食欲をかき立てる。
ドリンクは不思議な色だが、美味い。
う~ん、高いぞ。129Dhもした。
DSCN3529

チップ11Dhが効いたのか、2階に上げてもらった。歴史保存地区の美麗な景色に期待したのだが……まぁそれなりといったところか。
DSCN3531

13時50分にレストランを出て、歴史保存地区を散歩する。欧米人が多いな。
DSCN3534
DSCN3537
DSCN3535
DSCN3515

土産物やの店先に「あなたの名前をアラビア語で書きます」との日本語が。ふらりと中へ入り、自分の名前をパピルスに書いてもらった(50Dh)。
こんな感じになるのか……。
レターセットも購入した(10Dh)。

旅の途中ですが、続きます。

このページのトップヘ