2018年7月16日(月)6時30分起床、快晴

■十和田湖へ

純和風の朝食は、これも美味。
DSC01358

9時25分にチェックアウト。ゆっくりできたぞ。
「星野リゾート 界 津軽」、良いところでした。
DSC01359

明日は雨天のようなので、予定を変更して、弘前ではなく十和田湖へ向かう。
2時間近く車を走らせて到着した展望台から十和田湖を眺める。う~ん、霧が邪魔だなぁ。
DSC01363

11時30分、十和田湖の子の口に到着。無料駐車場にレンタカーを駐車し、遊覧船「Aコース」の切符を買う(1,400円)。12時30分の出向まで時間があるので、昼食とした。「十和田そば」は、きりたんぽ入り。
DSC01373

12時30分に「第三八甲田丸」は出発。解説付きで十和田湖を遊覧する。
DSC01371
DSC01383
DSC01389

13時25分、休屋に到着。ここが十和田湖観光のメインステージだ。
DSC01393

これが有名な高村光太郎作「乙女の像」か。
DSC01415

しかし、観るものはあまりないな。
14時30分のJRバスに乗車し、今度は奥入瀬渓流を進むのだ。
DSC01418

■奥入瀬渓流、さわやかな流れ!

大型バスは子の口を通過し、奥入瀬渓流を進む。素晴らしい運転技術だ。
観光名所で数秒間停車してくれるのもありがたい。おかげで車内から写真を撮ることができた。
DSC01419
DSC01430

バス停「馬門岩」で下車。
DSC01446

十和田湖方面へ歩くこと15分、超有名スポット「阿修羅の流れ」に到着した。
DSC01499DSC01493
DSC01506

澄んだ空気が心地好い。
で、長居しすぎて、子の口行きバスを一本、乗り過ごしてしまい、20分以上も次のバスを待つハメに。。。
DSC01515
DSC01517

16時5分、最終バスに乗る。16時23分、無事に子の口に到着。土産物屋はすべて閉まっている。

■由緒正しき「十和田ホテル」

17時に十和田ホテルへチェックイン。ここは幻のオリンピック開催に向けて、昭和14年に建築されたとのことで、いまでは伐採が禁止されている秋田杉をふんだんに使用していることが特徴だ。
DSC01523
DSC01527
DSC01530
DSC01536

窓からは十和田湖を見渡せる。木が邪魔だけど。
DSC01519
DSC01520

夕食は西洋懐石。
DSC01532
DSC01533

なるほど、ここは秋田県なんだな。

明日はどうしようかな? 悩みながら眠ります。
続きます。