男ひとり旅の美学

33の国と地域、南極を含む七大陸を踏破! 海外旅行歴28回の「旅の恥は書き捨て」です。愛車BMW M3と読書感想文も。

色づく世界の明日から

JR九州ホテル長崎はまずまず快適でした。
DSC02049

長崎駅前の高架橋から見下ろすと、こんな感じ。
DSC02052
DSC02053
DSC02054


長崎駅から路面電車に乗車。大浦天主堂へ向かいます。路面電車の運転席をしばし観察。なるほど、この「ガチャガチャ」回すのが運転のキモなんだな。
DSC02055

9時20分、大浦天主堂駅へ到着。
わが国ボウリング発祥の地か。へぇ。
DSC02058

■大浦天主堂
グラバー坂を上ります。やはりきついなぁ。
DSC02059

入場料金は1,000円。内部の写真撮影は禁止。強気だなぁ。
DSC02061

でも綺麗だから良いか。
DSC02068
DSC02069
DSC02067
DSC02071

天主堂内のステンドグラスも天井の梁構造も見事だったが、キリストさま、云々ってやつは馴染めないなぁ。
併設された博物館も、まぁ、良かったと思う。

■グラバー圜
大浦天主堂を少し歩くと、グラバー園に到着。この辺りが長崎観光のハイライトだな。
入場料金510円。ここは価値があったぞ!
DSC02078

入場すると、しばらくは複数のエスカレータで上方へ向かう。楽ちんだし、景色も良い。
DSC02082
DSC02083

最初に入ったのは「自由亭」だ。ここは『色づく世界の明日から』で「明治亭」として登場するから気になっていたのだ。
DSC02090

紅茶シフォンケーキとロイヤルコーヒーが実に美味しかった。
DSC02084
DSC02086
DSC02087

さて、園内を散策しようか。
DSC02091

旧三菱第2ドックハウスからは、広く長崎港を見渡せる。
DSC02098
DSC02108

これが世界遺産のジャイアント・クレーンだな。
DSC02109

旧三菱第2ドックハウス内。良い趣味だ。
DSC02101
DSC02103

プッチーニと蝶々夫人
DSC02113
DSC02149

旧リンガー住宅
DSC02118
DSC02122
DSC02123
DSC02124

オペラ『蝶々夫人』にまつわる物品が展示されていた。
DSC02131
DSC02130
DSC02129

旧オルト住宅
DSC02138
DSC02140
DSC02142

旧グラバー住宅は見事だった。
DSC02161
DSC02164
DSC02166

12時にグラバー園を出る。
グラバー坂の江崎べっ甲店で、お土産のペンダントを購入。32,000円なり(僕が身に着けるわけではない)。

いったん、オランダ通りを北西へ向かい、そこからオランダ坂を上ってみる。坂の街だけあって、登り甲斐(?)がある。
東山手甲十三番館を見て、坂を上る。東山手洋風住宅群はレストランなどになっている。今日はタイ料理? 遠慮しておこう。
DSC02173
DSC02181

■東山公園
急で狭い階段を昇ってはるばるやってきたのに、あれ? なんかイメージしていたのと違うぞ。
春になって桜が咲けば、良い感じになるのかな?
DSC02186

■グラバースカイロード
昨夜、鍋冠山公園から降りるときに乗った斜面エレベータだ。
DSC02187

石橋駅から路面電車に乗って、出島へ向かいます。

■出島
ここは鎖国時代の出島の街並みを再現したテーマパークだが、なにかもの足りない。侍やオランダ人(あの特徴あるエリ飾りね)の扮装をした人物を歩かせれば、もっと面白くなるだろうに!
DSC02192
DSC02209
DSC02206
DSC02212

商館長(カピタン)の屋敷は良かった。
DSC02196
DSC02197
DSC02199
DSC02202

そろそろ時間がなくなってきた。でも、あの場所へ行かないわけにはゆかない。

■平和公園
大波止駅から路面電車に乗って、平和公園で降りる。車内は満員。外国人も結構乗車していた。
14時10分、あの像へ向かって歩き始める。
DSC02213
DSC02216

合掌。
DSC02219
DSC02222

思えば35年前も、ここでこうやって佇んでいたのを思い出す。
DSC02223
DSC02228

欧米系の外国人の姿が多かった。感慨深いものがあるな。

平和公園前の「和泉屋」でお土産のカステラを購入。

■空港へ
路面電車に乗って長崎駅へ。15時ジャストに長崎駅へ到着。長崎電鉄のアプリから購入した「24時間チケット」も使い尽くした。これは実に良かったぞ。
DSC02229

15時15分に長崎バスターミナルから空港行きバスに乗車。16時10分に長崎空港へ到着。予定通りだ。
DSC02232

で、昼食がまだだった。空港ビル1Fの「牡丹」で特製長崎ちゃんぽんと生ビール。旅の終わりのグルメとしては良いのではないだろうか。
DSC02233

……まだだ。長崎名物「角煮まんじゅう」を購入。これを待ち合いでビールを飲みながら食すのだ。B級グルメ万歳。
DSC02234

17時15分、伊丹空港行きANA786便にボーディング。普通席は狭いが、1時間の我慢だ。
18時15分に伊丹空港へ到着。
空港内レストランは、どこも行列ができている。
……情けないことに、コンビニで購ったパンとドーナツが夕食となってしまった。

バスで三ノ宮駅へ。20時30分に無事に帰宅。


最後まで拙文にお付き合いくださり、ありがとうございました。

http://iroduku.jp/



修学旅行で訪れた大浦天主堂や平和記念象への再訪をうっすら考えていたところ、放映中のアニメ『色づく世界の明日から』の舞台が長崎だという。 これは行かねば!
タウン・リュックひとつの旅が始まる。

【参考データ】
往路便
 2018/11/23金 伊丹空港13時15分発ANA783便、長崎空港行き
復路便
 2018/11/24土 長崎空港17時30分発ANA786便、伊丹空港行き
宿泊先
 2018/11/23金 JR九州ホテル長崎(1泊)

https://www.nagasaki-tabinet.com/s/course/64519/

■2018年11月23日(金) 長崎へ!

11時10分に伊丹空港へ到着。小腹がすいたのでたこ焼きを食す。美味い。
屋上展望台をうろうろ。まだまだ時間に余裕があるぞ。
DSC01927

早めにチェックイン。ANAはひさしぶりのプレミアムクラスに搭乗だ。でも関西空港国際線と違って、伊丹空港ANAラウンジはハッキリ言ってしょぼい。食べるものはスナック菓子だけ。コーヒー2杯で読書する。

13時5分にANA783便にboarding。プレミアムクラスは3人だけだ。
13時50分頃に昼食が提供される。「本日は和食です」って、美味だから良し。
DSC01930

14時33分、長崎空港に到着した。

長崎市街への交通は、はっきり言ってバスしかない。片道900円のことろ、往復チケット代金は1600円とお得。
5番乗り場から14時45分に長崎駅行きバスは出発した。

最初は長崎駅へ向かい、ホテルへ投宿する予定だったが、気が変わった。15時20分に新地中華街で降車。

長崎市街はトラム=路面電車が通っており、実に良い。乗車代金は1回120円だが、長崎電鉄のアプリから24時間チケットを購入した。何度乗っても600円だから、これもお得だ。

15時30分、新地中華街駅から路面電車に乗車。めがね橋へ到着。
DSC01937

なかなか風情があるじゃないか。
DSC01938
DSC01945

路面電車に乗り、新地中華街駅で乗り替えて、16時17分に大浦天主堂駅で降車。
……港に客船が泊まっているぞ。大浦海岸通へ西へ向かい、岸壁へ向かう。松が枝埠頭に係留されているのは中国船籍の大型客船だ。いいなぁ。(この後、この船が長崎港を出港するのを見届けることになる。)

グラバー坂を上る。結構きつい。大浦天主堂の白い姿を横目に、祈念坂へ向かう。

■祈念坂
ここは遠藤周作が好んで散策した地で、さだまさし『解夏』のロケ地となり、放映中の『色づく世界の明日から』のメインビジュアルでもある。石畳と長崎港と大浦天主堂。良いなぁ。
DSC01967

で、そのまま鍋冠山公園の展望台を目指すのだ。階段がキツイ!

■鍋冠山公園
16時50分、鍋冠山公園に到着。絶景かな!
DSC02008

夕陽の沈む女神大橋(ヴィーナスウィング)は美しい!
DSC01982

三菱重工長崎造船所にはLPG船に加え、2隻の護衛艦『あしがら』と『しらぬい』が係留されている。いいぞ!
DSC01973
DSC01975
DSC02002

おおっ、夕刻に間近で見あげた客船がタグボートに引かれて長崎埠頭を離れていく。しばし観察。
DSC01987
DSC01991
DSC01993
DSC01996

これが長崎の夜景か。
DSC02028
DSC02027

18時だ。暗いのは良いが寒くなってきた。しゃれにならない冷え方だ。下山しようか。
斜行エレベータに乗ったのは生まれて初めてだ。階数表示が斜めになっているのも面白い。

大浦天主堂駅から路面電車に乗って新地中華街へ到着。時刻は18時40分、夕食時だ。
DSC02044

■皿うどん三昧
まずは「レストラン西湖」で特製皿うどんと海老シュウマイ、ビールを注文。ちゃんぽんの太麺を揚げた麺は新鮮な感覚だ。
DSC02046

19時40分、2件目は有名店「蘇州林」へ。皿うどんと春巻きとビールを注文。美味いぞ!
DSC02047

20時10分、お腹いっぱいで、ホテルへ向かいます。路面電車で新地中華街駅から長崎駅へ。
なんか、田舎だなぁ。コンビニで朝食のパンやビール等を購い、JR九州ホテル長崎へ。あれ? 入り口が良く分からないぞ。
駅前ショップビル(アミュプラザ長崎)の中をうろうろし、やっとホテルの入り口を見つけることができた。少し配慮が足りないなぁ。

20時5分位チェックイン。……期待していたほどではない、普通のビジネスホテルじゃないか。これで10,800円も取られるのか。
まぁ、内部は清潔だし、トイレと風呂もピカピカの最新設備だし、素泊まりで文句はない。

一日の仕上げは杏仁豆腐とビール。続きます。



↑このページのトップヘ